タグ:写真教室 ( 48 ) タグの人気記事

c0250153_18423658.jpg

以前、SEO対策のコンサルをしてもらった際、
「自分の事業の検索ワードは何が多いと思いますか??」という質問に、
「リビングフォト」「今道しげみ」と答え、「いきなり固有名詞ですか」と苦笑されました。

そんなのでここまで来たのは奇跡に近いとも。

「写真教室」「フラワーアレンジメント教室」なんてダサいからHPに入れないでとwebデザイナーに指示した憶えもあります。
確かにズレている 笑 
でも、このふたつの固有名詞をどこかから探しあてて、たどり着いた人だけでいいという強い思いもありました。


「佐藤」「鈴木」「高橋」「田中」さんと結婚していたら違っていたかもしれません。
写真家として再デビューの際、本名ではない方がいいんじゃないかという提案もありましたが、
同姓同名のいない「今道しげみ」という名前を両親と夫からのギフトだと思い、
自分の名前で生きる覚悟を決めて続けて来ました。

初めて検索「件数」に関心をもってみたのですが、1万件以上。
有名人でもないのにありがたい事です。


そして、ビックリなのが、
商標登録も取って大切に育ててきた『リビングフォト』がGoogle検索で約 233,000,000 件 。

二億件以上!!!!!!!


連呼してくださった皆様に心から感謝です★★★

[PR]
by livingphoto | 2018-05-28 18:44 | LIVING PHOTO
LIVING PHOTO★Photogenic Styling


リビングフォトでは、撮影テクニックだけでなく、「フォジェニック スタイリング」も学べるように色々な工夫を重ねています。

特に上級クラスの「FOOD PHOTO」では力を入れていて、
スタイリングを学ばせる方法として効果的だと感じるのが「ワーク」。

被写体を組み合わせて準備するのは私ですが、並べるのは生徒たち。

その後、私が必要に応じて「お直し」をしながら彼女たちが「なんとなくバランスが悪い」
と感じている違和感を解決していく方法です。
失敗や成功も含めて「そう来る?」と学びも多い。


私自身がおびたたしい失敗と修正を繰り返して
無意識に発揮できるほどのバランス感覚を付けてきたので、
意外に「失敗作例」の場面を作るのが難しい。
これは自慢でななくて、「方法がわからない」という生徒の気持ちに寄り添えない
教える側の落とし穴にもなります。


撮り方を「伝える」仕事は、撮った写真で「伝える」仕事とは別次元だとも言えます。


周到な事前準備が必要ですが、撮影シーンの数を減らしてでも、
生徒が能動的に動いて考えるこのワークを充実させていきたいなと。

そのうち、Kazuko先生辺りを巻き込んでアメリカのFoodphotographyのWorkshopで学んだ時の様に、
家を丸ごと一件使って、シェフも雇って、合宿しながらやってみたい!!!!・・・・?

と言ってはみたものの、引っ越しレベルの準備が必要なので気が遠くなる~~~~~ 💦

まずはできるところから♪
こちらはMasmyさんのワーク★
私の妹ですから、筋がいい 笑

c0250153_16531630.jpg

神戸からご自身で焼かれた洋ナシのタルトとフロランタン持参で
来てくださったCake Cake Yuriさん。
彼女のスタイリングを撮っておけばよかったと反省するぐらい
激しく「お直し」。
ご存知ミルク先生←誰や???が憑依したもので 💦
「LIVING PHOTO Solid」にレタッチもしました。

c0250153_16583290.jpg
c0250153_17584184.jpg


次は旬の果物「ビワ」と「クロワッサン」。
ジュエリーデザイナーをしていてファッションセンス抜群な
Megumiさん★

c0250153_17403873.jpg


ビフォーを撮っておけばよかった・・・・・と反省。
その代わりにレタッチ前後をご披露します。

フルーツ&クロワッサン=朝食
という事で、グレーの背景がマゼンダかぶりしていたので、グリーンのフィルターで補正して、
さらに朝っぽくブルーのフィルターも強めにしてフォトショップでレタッチ。

そして、私のこだわりは、お隣のYukoさんに分けてもらったビワの葉★



c0250153_17421383.jpg



まだまだあります★
ココからは私のスタイリングです
軽井沢で買って来たルバーブのコンフィチュール。
食材自体が美しい!!!

虫食いですが、ルバーブの葉も一緒に撮りたくて苗も植えました。

c0250153_18102886.jpg


パティシエールゆかさんのレシピ通り、砂糖とレモン汁に付けて
1時間ほど置いてから加熱。
ルバーブのコンフィチュールは7月のリビングフォトのお茶の時間に登場させます。

新しい?スタイリングの名前は
「グリーンサンド」
美味しそうでしょ??? 笑
とにかく、写真の上下を緑で挟む!!!!!


c0250153_18133277.jpg

お次は、晩御飯の下ごしらえも兼ねた鶏のコンフィ。
材料を撮りましたが、鳥肌が生々しくて、インスタに載せたら💓が明らかに少ない 笑
そのうち取り下げます 笑


c0250153_18164625.jpg

ローズマリーも庭から積んできました。
たっぷりのオリーブオイルでゆっくり火を入れます。
沸騰した後は、オーブン170度で40分。

お茶を注ぐシーンや、オイルを垂らすシーンは大人気。

c0250153_18181447.jpg

こちらはレッスン後のしげみのリアル晩御飯★
おなじみのシリーズです。


c0250153_18192419.jpg


そして、最後はLIVING PHOTOお茶の時間。
6月は札幌のメゾンシュクールの安田さんに沢山焼いていただきました!!!!


c0250153_18214846.jpg

という事で、計10シーン★★★

フルパワーで頑張りました♪

今回、もう一つ追記したいのは、
新しいライトを2種類追加した事。

105Wで5500Kと出力の高い新しい「蛍光灯」と、
スマホで調光できる「039(ゼロサンキュー)のLED」。

新しい機材もどんどんお試し中です。





[PR]
by livingphoto | 2018-05-28 18:32 | LIVING PHOTO FOOD

c0250153_23123573.jpg

JVCスポンサーの「山岸伸 世界の光の中で」に出演させていただいた番組が配信されました。

この写真は、まさに番組中に撮影したものです。

是非ご覧下さい。


業界の大御所中の大御所、山岸伸さん、本当にチャーミングなお人柄で大好きになっちゃいました!!!


私はこういうオファーが来ると、まずは衣装の事ばかりが気になります。

ロイヤルブルーの服を探しましたが出会えず、

CP+で着用した物凄く派手なKeita Maruyamaの衣装と、買ったばかりのCHIEさんのブローチを選びました。


半蔵門のカフェで山岸さんと待ち合わてお茶をしたのですが、

「あなたのお洋服、いいね!とても明るい気持ちになった!!!」ととても喜んでくださいました。

「どう見られたいか」で色の組み合わせを選ぶのは「写真」も「ムービー」も同じです。

人を幸せな気持ちにさせるスタイリングは大切。そしてそれをさらに素敵に魅せるのは間違えなく明るい太陽の光です★よね?山岸さん💕




「日常は素敵な光で満ちている」今道しげみ
「太陽の下で明るい写真を撮ってきて、生き残った」山岸伸

c0250153_23152565.jpg


これから私が目指すは、山岸さんのおっしゃるような光の中に「天使」を感じさせるような写真です。
山岸さんとの素敵なご縁に心から感謝です★


[PR]
by livingphoto | 2018-05-09 23:16 | ETVENT
c0250153_23080912.jpg


我が家では毎日「就活」が話題になります。

私自身の働き方を振り返ってみると、企業に勤めた数年は命を賭して全ての時間を「ワーク」に費やしました。
不器用に突き詰めた結果、このままだと自分独りで生きるのが精いっぱいになってしまうと判断して早々にリタイア。
大恋愛の末に破局な感じ?でしょうか。

その後は「ライフ」のなかに自然に「ワーク」を溶け込ませることに努めてきました。
フラワーアレンジメントを教えるのも確固たるプロ意識はありましたが、
家族にはひたすら「趣味」だと言い張り、
その時間を捻出するために「家事」も「ワーク」として認識し効率化を極めました。

家が小奇麗な方が「ライフ」のクオリティーが上がりますし、
今日も、昨日のイベントで飾ったスズランで、幸せ気分が続いています。

アトリエやスタジオを持つのではなく、30年前から自宅のリビングが仕事場の「在宅」の先駆けとも言えます。
切れ目がほどんどないので、気分転換やバランスを欠くと「ブラック」になりがちなので、
「休息」は取るよう心掛けていますが、「ライフ」と「ワーク」を別々に考えることに違和感を感じていました。
私がフォトディレクターをつとめているゲイトでは「2018年4月より全スタッフをフリーランス化の対象とし、
ワークとライフを一緒と捉え、
自主性を高めて自己実現を推進させる考え方にシフトします。」というプレスリリースがありました。

自分が「事業主」だからこそ、二つを一緒にできる。

母と妹は専業主婦で、いまだに「なんでそんなに必死に働くの?」
という目で見られています。
「二兎追うものは一兎をも得ず」ということわざもあるように、
両方とも中途半端な自分を情けなく思う事もありますが、
いかに自己実現させるかはそれぞれ。
こうやって、働き方を選べるというのは大事だなと思う。


「一流の学び方」など多くのビジネス書を執筆していらっしゃる清水久三子さんに
人生価値をworkとLifeの両方で生み出し続ける生き方を「Work as Life」と呼ぶのだと
教えてもらいました。

名前がついているぐらいですから、同じような価値観の人もたくさんいるのでしょう。
少しでも楽に、楽しく生き抜く知恵が必要な時代です。

[PR]
by livingphoto | 2018-05-09 23:08 | ライフスタイル
c0250153_11595085.jpg
毎月毎月、ティータイムのお菓子を手配していますが、
4月は京都に住む妹の提案もあって、虎屋の季節の羊羹「菖蒲あわせ」にしました。

30年近くサロンレッスンをしていますが、羊羹は初。

季節は巡って、今は「藤の棚」が店頭に並んでいます。

お茶は、一方堂に「100度で淹れられるお煎茶」とリクエストして「雲露」を。

菖蒲の葉を添えて。





[PR]
by livingphoto | 2018-05-02 12:09 | LIVING PHOTO
しげみの朝ごはん★


c0250153_08264553.jpg

LIVING PHOTOの上級コース FOOD Photographyのクラスで撮影した「朝ごはん」の写真です。
授業で教えているように、朝の光を意識して「モーニング フィルター」をかけて仕上げました。

このクラスでは、3種類のライティング方法を教えているのですが、
良さそうな新製品も色々と試してアップデートしています。

CP+で銀一の社長と、ニコンイメージングジャパンの社長が揃って一押しだというライトも
買ってみたので、次回のレッスンで試してみようと思っています。

使えそうなガジェットはないか、こっそり探していて、GW明けに可愛い&お洒落さが微塵もないものが
一気に届くことになっていて怖いですが、綺麗な写真のためならしょうがない 💦

半年ごとに生徒が入れ変わるから、毎度同じ事を教えればいいのでしょうが
そんな事では取り残されるのは明らか。

昨日読んだ本に、楽天の三木谷イズム「1日1パーセントの改善」の話が紹介されていました。
これを続けると、1年で37.8倍になる計算。はじめのうちは小さな改善でもあるレベルを超えた瞬間に急激に
伸びるという事です。

自分はやっているつもりでも「1日1%改善」さえもできていなかったのかと猛反省。
実行できていたら、LIVING PHOTOは今頃とてつもなく、すごい事になっていたかもしれないのに、
そのチャンスを逃してしまい、残念~~~~~~
私の中では、持続可能な「Sustainability」を掲げていましたが、もう少し力を入れたほうがいいのかなと。

改善ポイントは山のように思い当たるのですが、無駄な動きにならないように、まずは俯瞰をして、
それが必要なのか見極めながら少しづつ改善を始めます。


Facebookではなく、こうやってブログに書くことにしたのも、そのひとつ★
ブログの次は、ピンタレストに繋げるのも数年ぶりに再開予定。

c0250153_09074055.jpg





















[PR]
by livingphoto | 2018-05-02 09:12 | LIVING PHOTO FOOD
4月も毎日のようにフォトレッスンや、イベントが続きます。

本日は、成城にある旭化成ホームズ ヘーベルハウス 成城モデルをお借りしての
リビングフォトイベント。

アートを紹介しているBLOSSOMのSaikiさんとのコラボ企画です。

なんと、遠くはアメリカ、福岡、名古屋と遠方からの方や、地元成城マダムがご参加くださいました。

「ダーリンが石油を掘り当てたので、お引越ししたんだけど、広くてお掃除が大変なのぉ~~~」
「もうすぐ真っ赤なフェラーリが届くから、またいらしてね~~~」

と、妄想全開のしげみの家★

ビルの様に広い空間と、広い窓。
住宅メーカーの家でこんなことができるのかと感動を覚えました。
柱がほとんどないのに強い!
しかも、ヘーベルハウスの壁に使われているALCコンクリートは強いだけでなく
空気を含んでいるので、夏涼しく、冬あたたかいのだそうです。

ヘーベルハウスに住む西宮の叔母が、とても快適な上に、
阪神淡路大震災でも堅牢で助かったと言っていたのを思い出しました。



c0250153_17292133.jpg





c0250153_17452306.jpg




豪邸撮影には、「広角レンズ」が必須ですが、
8割が50mmレンズのリビングフォト生。
このレンズでも、この邸宅の魅力を写せるように、
個々にミニブーケをお配りして、花を主役にしながらインテリアを撮っていただきました。

縦横を整えてカタログの写真みたいに撮ってみました。
400平米以上の邸宅です。


c0250153_17421217.jpg

c0250153_17581349.jpg


屋上のテラスに面したバスルーム、気持ちがいい~~~!!!
3人入って撮影しても、余裕の広さです。


c0250153_18013361.jpg



c0250153_18020290.jpg


さてと、明日は青山フラワーマーケットのHanaーkichiでリビングフォトセミナーなので
今から準備です★

スケジュール帳をみたら、3月は30セミナー、4月に入ってからも今日までお休みがたったの2日。
その日も本当は京都に行くはずが、謎の発熱でダウン。

ゴールデンウイークはの~~~んびり、休養を取ろうと楽しみにしていたら、
夫が「一泊二日軽井沢、ゴルフ2ラウンドで帰宅後会食だからよろしくね♪」と言われてめまい 笑

若いならいざ知らず、こんな歳で・・・・ちょっと恥ずかしい~~~~~💦






[PR]
by livingphoto | 2018-04-24 18:18 | ETVENT

c0250153_10420241.jpg


N Styleの廣瀬規子さんとのコラボイベントのお知らせです。


廣瀬さんはCA時代の後輩なのですが、スタイルプロデューサー、スタイリスト、モデルとしても活躍され、とにかくセンス抜群!!!!!!私も先日試着をさせてもらったのですが、aquitumのお洋服は60年代のパリを感じさせるスタイル。スマートフォンを使ったお洋服や人物の撮り方のレクチャーを予定しています。「光」と「ポージング」「アプリ」などちょっとしたコツで10倍素敵に魅せる撮影術をお伝えします。ランチもご用意しています♪ あ~楽しみ 笑

・・・・・・・・

【atelier d'aquitum 〜小さなお教室〜 スマホdeリビングフォト 2月26日

中目黒の隠れ家ブティックaquitumが、
人気写真家、
Living Photoの今道しげみさんをお招きして
atelier d'aquitum 〜小さなお教室〜 第2弾を
開催いたします!

Living Photoが得意とする、
美しいお花や小物を美しく撮るコツや、
オススメ加工アプリのやり方。
また、aquitum の新作を試着頂きながら、
洋服や人物のオシャレなスマホでの撮り方、
撮られ方、コツなどをご伝授頂きます

そしてなんと!この日は
ファッション誌や展示会のケータリングで
引っ張りだこの人気料理研究家・幸也飯の
お弁当付きです!

日時: 2/26(月)11:00-14:00
場所: aquitum 東京都目黒区上目黒3-18-11
ROYAL HOMES KAMIMEGURO 101
定員: 6名
料金: 10000円
※当日現金でお支払い頂きます
持ち物: スマートフォン

申し込み方法: hirose@noriko-style.net に、
atelier d'aquitum 〜小さなお教室〜 第2弾
申し込み として、
氏名、住所、電話番号をご記入の上、
お送りください。

定員に達し次第受付終了とさせて頂きます。

http://livingphoto.jp
http://yukiyamesi.com
http://aquitum.com/


c0250153_10424499.jpg



[PR]
by livingphoto | 2018-02-09 10:42 | レッスンスケジュール

Strawberry Mousse

c0250153_10335897.jpg
2018 Feb

毎年作っているイチゴのムースですが、いざ作りましょ~~と思うとレシピを探して思い出すのにちょっとしたストレス。
来年も作ると思いますので、
備忘録としてブログにレシピをUPします。

リビングフォトのレッスンで召し上がって気に入っていただければ是非とも
作ってみてください。


香港で暮らしていた時に、ニュージーランドから輸入されていた5日ぐらい全然痛まないカッチカチの
イチゴで作っていたのが懐かしい。
日本以外では「とちおとめ」や「あまおう」なんて繊細なイチゴはミラクル。

ロンドン、香港で12年ほど「駐妻」をしていたので、生クリームは1パック使いきり、混ぜて焼くだけ、失敗してもそれなり。。。
という超簡単レシピを日々研究!?せざるをえない状況でした。
シフォンケーキが膨らまなくて、スポンジケーキって事にしたり、
ムースが固まらい。。。なんて日常茶飯事 笑

レシピは一クラス分の目安なので、毎回倍量で作っています★
いちごソースは一緒に作って取り分けてもOK。

Strawberry Mousse
イチゴのムース 
  約8人分 (4人分としてもOK)

材料
ムース
  いちご    (2パック)  約500g
  生クリーム45  (1パック) 200ml
  砂糖              80g
  粉ゼラチン   5g×2袋 (やや硬め)
  水      大さじ5
  レモン汁   大さじ1

ソース
  いちご 1/4パック
  砂糖  大さじ1
飾り
  いちご 1/4パック
  ミント

作り方
1.耐熱容器に水を入れ、ゼラチンを振り入れふやかす。
  電子レンジで20秒加熱して完全に溶かす。
2.フードプロセッサーかミキサーに、へたをとったいちご・お砂糖・レモン汁を入れ、ピューレにする。
3.ソース用のいちごと砂糖をピューレにする。
4.容器にいちごのピューレ、生クリーム、レモン汁を入れて混ぜてから、溶かしたゼラチンを混ぜ入れる。
  前日夜に作って冷蔵庫に入れておく。
5.器に、ムース、ソース、飾り用いちご、ミントを盛りつける。


c0250153_11083503.jpg
2017 April



姉妹レシピ「ヨーグルトのイチゴムース」

いちご 1パック 200g
ヨーグルト 200g
砂糖 40g
ゼラチン 5g(1袋)
水 大さじ2


  






[PR]
by livingphoto | 2018-02-05 11:20 | SWEETS RECIPE

2018年 謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。



「趣味」と「仕事」の境界線を引くことができないほど大好きな花と写真。

こんなに楽しく、長きに渡って続けてこれたのは皆様のおかげと心から感謝しています。

これからも趣味と仕事を混同しながら、
リビングフォトに情熱の火を燃やしながら命が尽きるまで続けて行くつもりですので
末永くお付き合いくださいませ。

c0250153_15384727.jpg

私にとって、もうひとつ境界線のつけにくい仕事があります。
それは公私にわたる「教育」。

リビングフォトも教える仕事ですが、
それ以上に、自分のなすべき仕事だと言い聞かせてやってきたのが
二人の息子の子育てです。
私にとっては、半生をかけた大プロジェクトです。
ロンドン、香港、東京と場所を移しながら積み重ねてきた日々を振り返りながら、
総決算とも言える事がふたつ。

10月に長男が結婚して、可愛いくて聡明なお嫁さんが家族のひとりとして増えたことは
何よりの喜びです。
でかした息子!

そして、もうひとり、心配で心配でたまらない7歳下の大学生の次男も
社会人になるための活動をはじめました。

二人の息子は、写真にも、ましてや花にも全く興味がなく、
そもそもそこに話題を持ってくるのも無理な話ですが、
私との会話も最低限。

特に次男は「お母さんの事には関心がありません!」ときっちりシャッターが
おろされています 笑

子供は親の思い通りに育つものではありません。
私自身もいまだに「娘」として、天国の母の嘆きが聞こえてきそうなほど酷いものです 汗

「教育」によって得られる成果は人によって様々。
その成果は教育を受けた瞬間に現れる場合もありますし、
数十年後に現れる事もあります。


c0250153_15560919.jpg

息子たちにはちゃんと幸せになって欲しい。
そのために必要な「教育」はしてきたつもりではありますが、
願いはただそれだけです。

本当は、ネコか犬のように
ずっと「可愛いね~ 可愛いね~」とエモーショナルな関係を生涯続けていたかった二人の息子ですが、
「自立」に向かって育ち、羽ばたこうとしている様子を見守ろうと思っているところです。


息子が結婚したから、写真を花のテーマは「婚礼」「ウエディング」なの~~~とか、
公私の境界線があやふやなままですが、
私に与えられた限られた時間を大切にしながら
2018年も駆け抜けようと思っていますので

どうぞよろしくお願いいたします。


今道しげみ














[PR]
by livingphoto | 2018-01-02 16:01 | ライフスタイル

フォトグラファー今道しげみの楽しく幸せなフォトライフ


by 今道しげみ