<   2013年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

DARK CHIC*Food Photo

c0250153_20432758.jpg



最近気に入っている、こんな感じのフードフォト。


アメリカでフードフォトのワークショップに参加して
「これ、これ、こんなのが撮りたかったのぉ~~」と急に目覚めた感じです。


こういうスタイリング用品は日本ではなかなか手に入りにくいので、
NYやサンフランシスコまで行って買付け、
やっと思っているイメージの写真を形にすることができました。


主役の人参は愛ちゃんパパの畑から。
こういう贈り物が一番うれしい!!!!


もし私を、今、ロンドンやパリの蚤の市に行かせたら、
とんでもない「ゴミの山」を買い込みそうで怖い・・・・!?




いつもイメージ先行で、いつも言葉はあと。


アシスタントのCoomieさんに
「センセ~、雑巾とかゴミとか言い続けるのは、流石に・・・・・・」
と言われたので、


真面目に、真剣に、一生懸命考えて

DARK CHIC

ダーク・シック

とネーミングして
フードフォトのテキストにも採用しました★

今月は花のDARK CHICもやってみたし、
ふんわりなリビングフォトに固執するのをやめて
世界を広げることにしました。


あ~楽しい!
[PR]
by livingphoto | 2013-06-14 21:12

DARK CHIC*Bouquet de Photo

c0250153_19271529.jpg



6月のブーケドフォトはすべて終了!

大量の花を水揚げするのに、キッチンから一歩も出られない状況で毎回2時間。


クラスが始まるギリギリまで奮闘しています(汗)

 夕方にはすべてが美しいブーケに仕立てられてお嫁に。皆に喜んでもらえて、幸せ~★

今日は「一番搾りの術」で撮影♪ちょっと面倒だけど、思った通りいい感じ~~~♪
[PR]
by livingphoto | 2013-06-14 20:01
c0250153_21989.jpg



FOOD PHOTOの撮影方法のイントロダクションセミナーを
LIVING PHOTO intermediate でしました。


TOMOKOさんが撮ってくれた
今道しげみ 料理研究家に転身・・・・のワンシーン★
[PR]
by livingphoto | 2013-06-12 21:12

Bouquet de Photo 6月★紫陽花

c0250153_12152588.jpg



6月のブーケドフォトはアジサイを使ったブーケ。

「プロの水揚げ」のデモをしたのですが、
皆さんがお持ち帰りになった後の家庭での水揚げについて説明するのを忘れた・・・

と少々焦っています(汗)


紫陽花は水落の速さナンバーワンの曲者。

シュン・・・・・となったら、短く切って水を張った器に浮かせるのが一番。


紫陽花をすべてカットしても、それ以外の花もたっぷりあるので
安心して楽しんでいただけるはず。



瑞々しいアジサイを切り花で楽しむのは管理が難しすぎるので、
今までは、梅雨時になれば屋外で楽しめるから・・・・と避けてきました。

外で撮るのと違った魅力の誘惑に負けて
ブーケドフォトのメインにキャスティング。


「ブラック」「グレー」「ホワイト」のステージを設け、
それぞれの魅力を最大限に引き出す露出を考えながら撮影してみました。


色々な事を自ら判断しながら撮るのは難しいとは思いますが、
LIVING PHOTOの最上級レベルクラスならでは。


実際に撮影した画像とデータを見ないと私自身の確証がつかめないので
種明かしは、来月のセミナーのテーマにしようと思っています。


最近フードフォトで人気の「ライティング風」


c0250153_12444733.jpg




露出補正も大事だけれど、
デジタルカメラをするからには、フォトショップとは根気良く付き合って欲しいなと・・・と
思う2枚★


もう一回フォトショップエレメンツをおさらいしたいという人は
Studio Coomish*のCoomie先生がプライベート&セミプライベートの
セミナーで対応してくださいますのでお問い合わせ下さい。


c0250153_12472222.jpg



少し明るくして、爽やかに仕上げたい・・・と気が変わってもこの通り★


c0250153_1247386.jpg




透明感のあるブルーにもフォトショップは欠かせません★



c0250153_12495471.jpg




c0250153_1250916.jpg





沢山の花や贅沢な料理がないと撮影を楽しめないのでは・・・・というのは妄想。
魅力的な「ステージ」があれば、シンプルな方がむしろ素敵。

この夏は、やってみたいスタイリングに不可欠な
諸々を作り出すテクニックを学ぶ修業をしてみたいな・・・
とワクワクしているところです♪

c0250153_12582211.jpg

[PR]
by livingphoto | 2013-06-09 13:04
c0250153_8125813.jpg


名古屋でのLIVING PHOTO BASICがスタートしました。


イタリア料理教室のイル フィオール フィオーレ IL FIOR FIOREとのコラボセミナーです。

リビングフォト ベイシックは今まで実習の被写体のメインが「花」でしたが
今回は中辻健太シェフのお料理を中心に進めていくので、私も楽しみ!!!


LIVING PHOTO BASICのプログラムを学ぶと、
フードフォトがこんなに素敵に撮れるようになりますよ~というのを
体験していただきたいと思っています。



美しい野菜でバーニャカウダ。


c0250153_82098.jpg





c0250153_8204333.jpg




準備して下さる中辻健太シェフのお料理はとても美味しそう!!!!



c0250153_8223844.jpg





素敵な生徒さんたちに沢山集まっていただき、
私も一緒に楽しませていただきました!!!


ティータイムのケーキ。


c0250153_8281059.jpg




c0250153_8271442.jpg




c0250153_8305813.jpg




来月も楽しみです★
[PR]
by livingphoto | 2013-06-04 08:32

LIVING PHOTO * Shabby Simple

c0250153_17144884.jpg



LIVING PHOTO のフードフォトのセミナーでは、ライティングだけでなくて、
スタイリングについても色々な提案を試みています。



コンセプトを伝えやすいように、
こういう感じのイメージに

Shabby Simpleとネーミング。


私がかつて6年半暮らしていたロンドン時代、
Shabbyという言葉は、家や身なりがみすぼらしい時に頻繁に使っていました。

否定的な意味しかなかったので、
Shabbyという言葉を使う事にかなりの抵抗感がありましたが、
調べてみると
Rachel Ashwellが白っぽく渋いアンティークなインテリアデザインを
Shabby Chicと呼ぶようになって「渋い」に近い肯定的な形容詞にも
限定的に使われるようになったようです。

日本語の「やばい」みないな感じでしょうかね。

欧米人にはくれぐれも褒め言葉としてお使いにならないよう
ご注意ください♪


そのShabby Chicよりも、デコラティブなイメージを軽くして、
かなり時間をかけて悩んでShabby Simpleに落ち着きました★★



SHABBY SIMPLEでよろしく♪


フードフォトのセミナーでは私が作った料理の撮影もしていますが、
そちらはセミナーにお越しいただいてからのお楽しみということで。


c0250153_1739124.jpg

[PR]
by livingphoto | 2013-06-01 17:41

フォトグラファー今道しげみの楽しく幸せなフォトライフ


by 今道しげみ