カテゴリ:LIVING PHOTO ( 106 )

c0250153_18423658.jpg

以前、SEO対策のコンサルをしてもらった際、
「自分の事業の検索ワードは何が多いと思いますか??」という質問に、
「リビングフォト」「今道しげみ」と答え、「いきなり固有名詞ですか」と苦笑されました。

そんなのでここまで来たのは奇跡に近いとも。

「写真教室」「フラワーアレンジメント教室」なんてダサいからHPに入れないでとwebデザイナーに指示した憶えもあります。
確かにズレている 笑 
でも、このふたつの固有名詞をどこかから探しあてて、たどり着いた人だけでいいという強い思いもありました。


「佐藤」「鈴木」「高橋」「田中」さんと結婚していたら違っていたかもしれません。
写真家として再デビューの際、本名ではない方がいいんじゃないかという提案もありましたが、
同姓同名のいない「今道しげみ」という名前を両親と夫からのギフトだと思い、
自分の名前で生きる覚悟を決めて続けて来ました。

初めて検索「件数」に関心をもってみたのですが、1万件以上。
有名人でもないのにありがたい事です。


そして、ビックリなのが、
商標登録も取って大切に育ててきた『リビングフォト』がGoogle検索で約 233,000,000 件 。

二億件以上!!!!!!!


連呼してくださった皆様に心から感謝です★★★

[PR]
by livingphoto | 2018-05-28 18:44 | LIVING PHOTO
c0250153_11595085.jpg
毎月毎月、ティータイムのお菓子を手配していますが、
4月は京都に住む妹の提案もあって、虎屋の季節の羊羹「菖蒲あわせ」にしました。

30年近くサロンレッスンをしていますが、羊羹は初。

季節は巡って、今は「藤の棚」が店頭に並んでいます。

お茶は、一方堂に「100度で淹れられるお煎茶」とリクエストして「雲露」を。

菖蒲の葉を添えて。





[PR]
by livingphoto | 2018-05-02 12:09 | LIVING PHOTO
c0250153_10520262.jpg




このたび、光栄にも
WEEKEND FLOWER
初代プラチナ・アンバサダーに就任いたしました。

全国のフラワーショップや卸売市場、生産者など約350社が参画する
「一般社団法人 花の国日本協議会」による活動です。

花と過ごす丁寧な暮らしを提唱し、全国でセミナーやワークショップを開催しています。

フォトコンテストなど色々な活動をしていますが、
今回、WEEKEND FLOWERを一緒に盛り上げていくインスタグラマー
 全国16名の一般の方々「初代WEEKEND FLOWERアンバサダー」
が選ばれました。

写真の美しさも選考基準だったのですが、嬉しい事にリビングフォト生がお二人含まれています。
昨日は遠く神戸からご参加の方も。

私は、WEEKEND FLOWERアンバサダーの皆さんに「スタイリング&撮影レッスン」をさせていただきました。

c0250153_11055381.jpg

スタイリング&撮影用の花は王子のWABARAを特別に手配していただき、
パーティーは夕日が美しいパークハイアット東京のピークラウンジ。

花を飾ることで日々の生活を豊かに。
リビングフォトで多くの人に幸せな思いが伝わりますように。

c0250153_11061993.jpg








[PR]
by livingphoto | 2017-12-10 11:13 | LIVING PHOTO
c0250153_11480351.jpg



「写真は世界の共通語」

LIVING PHOTOには英語や中国語、フランス語がネイティブという生徒さんも今までも複数いらっしゃいます。
もちろん日本語もネイティブレベル。

LIVING PHOTOのKindleも試験的に英語版にして、英語翻訳のリビングフォトテキストもあります。
何年か前に出版されたLIVING PHOTOの書籍の中国語版がありますので、必要に応じて使っています。

昨日いらっしゃったHinakoさんが、自己紹介で「ずっと英語だと言われきましたが、
今では『写真』こそが世界の共通語だと思います」とおっしゃったのを聞いて嬉しく思いました。

私が言うと英語ができない人の負け惜しみに聞こえますが、Instagramの世界はまさにそのもの。

平和で、美しく、幸せな写真の世界がますます広がる事を願いながら今日もLIVING PHOTO!!!!!

[PR]
by livingphoto | 2017-09-30 11:48 | LIVING PHOTO

長岡花火 2017

5分走れば取に帰れたのに、「まあ、いいっか」とスマホを持たずに出かけた2泊3日新潟の長岡花火撮影旅行。
2回目の花火撮影★もう少し余裕が出るかと思ったら、さらに緊張。奥深い世界です。
高抽選倍率のカメラマン席を当ててくれた花火王子との火遊び、くせになりそう~~~~~

c0250153_15530314.jpg

平和への祈りを込めた長岡の花火。
全長2.8キロの壮大な花火は、レンズにも視界にも入り切らない、
天から降ってくるような迫力。
何度見ても涙が止まらないほど感動。

c0250153_15544542.jpg
正三尺玉三連発&ナイアガラ 
慰霊と復興祈願、平和への祈りを込めて打ち上げられました。

直径が650m 爆音が胸にズドンと響きます。
昨年はどんな大きさに打ち上げられるのかわからずにフレームアウト。
2度目の今年は、月も、ナイアガラも入れる余裕ができたな===
c0250153_15553451.jpg
長岡花火は慰霊と復興祈願、平和への祈りを込めて打ち上げられます。
2日間で2万発 来場者数は102万人だったそうです。
花火王子のおかげで、2年連続、そして2夜連続で撮影した甲斐あって花火のプログラムも少しわかるようになってきました。

両隣で撮影している地元の人は、プログラムどころか、誰それさんが作った花火だの、ピントを合わせるために距離を実測した地図を持っていたり、
プログラムによって露出を変えたり。。。。私はそのお隣さんたちが、横位置なのか縦位置なのかを盗み見するのが精いっぱい 汗 
これは5基で打ち上げる「スターマイン」だから当然横位置でしょ~~~と来年なら偉そうに言っちゃうかも?

c0250153_15565721.jpg

花火を撮りに行って、なんとも残念なのが「けむり」の存在。

火薬ですから当然派手に打ち上げればそれだけモクモクしてきます。
後半は撮影条件が厳しくなってきますので、前半が勝負になります。
やっと打ち上げの方向感や露出をつかみかけた頃に煙が・・・という事になります。
いい時に人影が~~~というのもありがち。長岡花火も1日目は風が弱くて条件は良くありませんでした。
風が強すぎても花火の形が崩れてしまいますから、ちょうどよい風が吹くことを祈るしかありません。


c0250153_15581423.jpg


普通なら手を出さないレベルの画像ですが、RAW現像する際に、「ハイライト」「シャドウ」「白レベル」「黒レベル」「明瞭度」を調整したら使えることも。

c0250153_15583990.jpg



3枚目もやってみましたが、全然ダメでした。自然が相手ですから難しいですね。

c0250153_15585755.jpg

ほぼはじめての花火の本を出そうと準備中です。
昨年、「はじめて」の勢いで出そうと原稿も準備していましたが、
さすがに画像が足らず、
今年はリベンジというよりは、書いた方法で大丈夫なのか実証するための撮影をしました。
ほぼ大丈夫そうなので
出せたらまたご案内します★




  




[PR]
by livingphoto | 2017-08-10 16:01 | LIVING PHOTO
c0250153_11451100.jpg
なりたい自分になれましたか?
劇的に変わる・・・・という奇跡が頻発するのがリビングフォト。
一年間、写真に向き合った生徒を集めた最後の授業。

「まわりの人に写真をほめられるようになって嬉しい」
「短期間でこんなに上手になったんだから、もっと続けたい」
「先生が好きです、はなれたくない」とまあ色々な告白 笑

美しく、美味しく、幸せな時を写した写真は、これから皆さんが接する人たちへのギフトになります。
わたしにとっては素敵な皆さんと出会えたことが何よりの宝物。
皆さんがますます輝くように私も伴走しますね!!!!

c0250153_11460228.jpg

c0250153_11462016.jpg



[PR]
by livingphoto | 2017-07-22 11:47 | LIVING PHOTO
日本三大バラ王子筆頭格と言えば、
和バラで有名な、滋賀県のローズファームケイジの國枝健一さん。

薔薇王子のためのMEN'S LIVING PHOTOに
和バラのブーケを手に滋賀からお越しくださいました。




c0250153_11361496.jpg



今回ツーショットを撮り忘れたので、
一昨年来てくださった時の写真です。



c0250153_11552136.jpg
感性豊かで、ビジネスセンスも高いバラ王子との会話は
私もたくさんの刺激をもらいます。

c0250153_12100164.jpg



彼は日本だけではなく、グローバルマーケットを視野に入れてこの数年動いています。
私も香港とロンドンのフラワーマーケットで12年も花に携わってきましたが、
「和バラ」は必ずいけると思っています★



日本でのバラの流通にも新しいシステムを導入するらしく、
今注目されているバラの6次産業化。とにかく目が離せないバラ王子です。



感性豊かな彼が「SOLIDなイメージの写真を撮りたい」という要望でしたので、
明るくて、やわらかな和バラにマッチングするか半信半疑でトライしてみたらこの通り。
かなり良い感じ!!!!!!
SOLID=固体 硬い かっこいい というイメージです。



こういうスタイルの写真は数年前はちょっと早いかな・・・・と思っていましたが、
今だからこそ時代のタイミングと合うのだと思います。
ナチュラルな色の美しさには固執しますが、
かっこいいな~~~という感じ方は時代によって少しづつ変化します。





c0250153_11475705.jpg



c0250153_13280463.jpg





ローズファームケイジの新しいバラの圃場が、
秋にオープンします。
今、そこで働く人を募集中です。




京都から電車で30分ほど行った「守山」の駅には
すでにWABARA CAFEがオープンしています。
他には何もないところですが、
自然光が美しく、シンプルでスタイリッシュなカフェは、可愛いものに目がない多くの女性ファンを惹き付けて、
インスタでもブレイク中です。

育てるだけではなく、魅せることも兼ね備えて新しい圃場がオープンすれば
さらに多くの人を引き寄せるでしょう。

私も時期が来たら「LIVING PHOTO 薔薇遠足」を企画しますね★

c0250153_13254297.jpg




[PR]
by livingphoto | 2017-03-26 09:36 | LIVING PHOTO
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

c0250153_17530679.jpg

幸せと感謝と希望を繋ぐLIVING PHOTO


私は家族をはじめ、
身近にいて支えてくれる人に恵まれ、
その「強い絆」がエネルギーとなり、
そこから生まれる安心感が幸福の源となっていますが、
見落としてならないのが「緩やかな絆」です。


昨年はこのエキサイトブログの「プラチナブロガー」になったことでPV数が伸び、
日常的に更新しているFacebookでは約4000人の「友達」と「フォロワー」、
海外の人との接点も感じられるInstagramでは約1500フォロワー、
アテニア化粧品のカレンダーが200.000部も発行されました。

多くの皆さんに私の写真を見てもらえたと思うと
嬉しいような、恥ずかしいような
気持ちになるのですが、
日々の励みになっていることは確かです。

SNSでの発信は、商業的な側面も持っていますが、
この「緩やかな絆」こそが
私に生きる希望を与え続けてくれています。


多くの人とのつながりがなければ
こんなにたくさんのシャッターを切ることもなかったでしょうし、
粛々と「伝える」仕事を、こんなに長く続けてこれなかったと思います。


今年も感謝の気持ちを込めて、


たくさんの美しい写真を撮って
たくさんの素敵な皆さんに
たくさんの希望をお届けしたいなと思っています。


幸せと感謝を伝えるLIVING PHOTOに
「希望」を繋ぎます。


2017年も、どうぞよろしくお願いいたします!!!!!

LIVING PHOTO
今道 しげみ


















[PR]
by livingphoto | 2017-01-02 18:01 | LIVING PHOTO

I wish you a Merry Christmas!!!

I wish you a Merry Christmas!!!!!!


c0250153_13000311.jpg

[PR]
by livingphoto | 2016-12-25 13:00 | LIVING PHOTO


c0250153_17104809.jpg

シリアルナンバー 253/300
ギリギリ間に合いました!すでに完売★
売り切れたって聞くと、
うふふふ~~~うらやましいでしょ~~~~


代官山で「文具を撮るためのLIVING PHOTO BASIC」のコラボレッスンをしているアナウンサー堤信子さんプロデュースの万年筆です。

今日届いたJALカードの会報誌AGORAにも大きく掲載されています。



思いを綴り実らせるラッキーアイテム。
夫からの一足早いクリスマスプレゼントです。


この万年筆の到着を待って、「大好きでした」という内容のラブレター?を便せん7枚にしたためています!!!

のんちゃんプロデュースの万年筆RECOLTは、金色の麦とホップのデザイン、ビールの泡を思わせる品の良いラメ。

ブラウンのインクもセットになっています。

デザインも素晴らしいのですが、しばらく書かなくても、

スムーズにインクが出る最新技術も搭載されているのだそうです。


中学の社会科の松村先生83歳へのお礼状を書いています
わたし、かなりの「問題児」でしたから 汗



[PR]
by livingphoto | 2016-12-04 17:12 | LIVING PHOTO

フォトグラファー今道しげみの楽しく幸せなフォトライフ


by 今道しげみ