c0250153_11453762.jpg
LIVING PHOTO自由が丘 Studio Coomish
LIVING PHOTO自由が丘 Studio Coomish
のくうみぃ先生に
LIVING PHOTOのインストラクターをお願いしてもう8年も経ちます。


彼女の独特の透明感のあるスタイルはファンも多く、私もそのひとり。


リビングフォトの明るいスタイルには「CALIRE クレール」と名前をつけていますが、

彼女のスタイルはさらに透明度の高い「LUCENT ルーセント

美しい光を見極める力と、カメラの知識の深さも素晴らしいのですが、
ご本人の澄んだ心と、ひかえめで思いやりの深い優しさが写真ににじみ出ているといつも感じています。

昨日のLIVING PHOTOのポートレート撮影をどのように提案していくのかという研究会でも、
彼女の写真の分析力とテクニカルアドバイスは卓越していて
LIVING PHOTOは彼女なくしてはここまで続けてこれなかったなと改めて感謝の思いを重ねました。

また、週末は企業向けの特別なイベントしか受けないと決めた私をサポートするために
週末のクラスを開催してもらっています。
ウイークデイに仕事を休めない・・・という方には自由が丘でのLIVING PHOTO BASICをお薦めしています。

ラッキーなことに、超人気の9月スタートの日曜クラスのLIVING PHOTO BASICはまだ少しお席があるそうです。
(私が教えるLIVING PHOTO TOKYO・久我山のLIVING PHOTO BASICと同じ内容のプログラムとなっています)。

その他、どこのLIVING PHOTO BASICを修了した人も受講できる

Studio Coomishの

■ステップアップ(お散歩フォト)

■フォトショップエレメンツ

のおさらい講座

■クラウドの使い方講座

など、楽しいプログラムが目白押しです。
特に旅行先で風景や夜景、家族やペットの写真を素敵に撮りたいというLIVING PHOTO生はチャンス。

詳細はGARDEN CAFEをご覧下さい★

くうみぃ先生が研究熱心なお陰でリビングフォトは女性が求める写真の楽しさを常にリニューアルしながら発信することができます。

彼女がスタジオを構える自由が丘という地を活かした新しいプログラムをプロデュースしますので、

くうみぃファンはどうぞお楽しみに!!!!!!!



[PR]
# by livingphoto | 2015-08-13 11:52


c0250153_16400957.jpg


私のミッションは、一眼レフを使って撮りたいな。。。。。。という女子に、ワクワク感を伝える事。


「伝え方」には「言葉でわかりやすく伝える能力」も大事だけれど、

「撮ってみたい」と思ってもらえるようなスタイルを目に見える形で創って行くことも必要で

「クリエイティブな発想力」は欠かせません。


この両方をずっと意識的に高めるようにしていると、

ある日突然「閃き」のような形で降りて来て、幸せな瞬間を感じる事ができます。



夏の光を表現した「
Direct Sunlight Photo」も授業中には

サンサンフォト」と呼んでいますが、

そうやって幸せな気持ちと共にFOOD PHOTOのプログラムを作った際、

LIVING PHOTOに加えることにした新しいスタイルです。

天気や日焼けを気にしなくてもいいのも嬉しい!!!笑



Direct Sunlight Photoはフォトショップを使った仕上げが少々大変だったのですが、

来月からは新しい「光」にバージョンアップするので、ますます楽しくなりそうです★


10月からのFOOD PHOTOのクラスは金曜午前クラスにまだ少々お席がございますので是非!(

LIVING PHOTO BASIC: Intermidiate修了生のためのセミナーです)


詳細はこちら

★★★


c0250153_16422915.jpg



これは特に元が悪いから正統派は諦めて、個性派美人を目指す感じかな 笑 

グリーンをかぶせてファンタジック系?に仕上げてみました★


 

めったに公開しない整形手術前写真!!!!!!!


c0250153_16433990.jpg


上の写真の元画像も★
LIVING PHOTO BASICで教えている
フォトショップのLIVING PHOTO基本操作のみでレタッチしています。
フォトショップ、大事です♥

c0250153_16491725.jpg


 




[PR]
# by livingphoto | 2015-08-11 16:55 | LIVING PHOTO
「予約の取りにくいサロンレッスン」
として好評をいただいている
LIVING PHOTO BASIC
募集のご案内

c0250153_11232731.jpg




リビングフォトの極意を学んでいただく
LIVING PHOTO BASIC

2015年秋 10月スタートクラス
今夜8月9日(日)21:00募集開始



****************
LIVING PHOTO BASIC 日程
****************


A水曜  午前クラス

  ①2015年10月14日 ②11月11日③12月9日 ④1月20日 ⑤2月17日
全5回  Tea Timeを含めて各3時間  10:00~13:00

満席



B水曜 午後クラス
  ①2015年10月14日 ②11月11日③12月9日 ④1月20日 ⑤2月17日
全5回  Tea Timeを含めて各3時間  13:30~16:30

満席





C木曜 午前クラス
  ①2015年10月15日 ②11月12日③12月10日 ④1月21日 ⑤2月18日
全5回  Tea Timeを含めて各3時間  10:00~13:00

満席



D木曜 午後クラス
 ①2015年10月15日 ②11月12日③12月10日 ④1月21日 ⑤2月18日
全5回  Tea Timeを含めて各3時間  13:30~16:30

満席

c0250153_11503280.jpg





あかるくふんわり撮影する
LIVING PHOTO CLAIRE


シックにスタイリッシュな
DARK CHIC

LIVING PHOTOに必要な知識の基本を学ぶプログラムです


PHOTOGENIC STYLING

も徹底分析してお伝えしています。


POST CARD PRINT
で幸せのおすそ分け




c0250153_11512089.jpg


LIVING PHOTOは、8名前後の少人数で各クラス3時間
充実した内容になっています。

Salon de SylvieのLIVING PHOTOのプログラムの流れについては
こちらを御覧ください。★★★


*****************************************
LIVING PHOTO BASIC 
******************************************


全5回 《時間》 Tea Timeを含めて3時間 
              午前クラス 10:00~13:00
              午後クラス 13:30~16:30

《費用》授業料50.000円 +LIVING PHOTO入会金10.000円 
 +消費税 8% 4.800円    計64.800円(税込価格)




《内容》
デジタル一眼レフおよびミラーレス一眼のマニュアル操作
LIVING PHOTO CLAIRE/DARK CHICの撮影方法
フォトショップ エレメンツを使った画像の加工の基本と印刷
フォトジェニック・スタイリングについてなど

リビングフォトに必要な撮影方法の基礎全般をお教えします。


《参加資格》
デジタル一眼レフカメラ・ミラーレス一眼に指定のレンズをつけてご参加の方。
女性限定とさせていただきます。


★カメラについて

リビングフォトではこれまで通りAPS-Cサイズまたはフルサイズのデジタル一眼レフカメラに50mmF1.4~1.8のレンズの組み合わせをお勧めしています。
ミラーレス一眼でも受講していただけます。
どのメーカーの一眼レフデジタルカメラおよびミラーレスカメラををお持ちになっても対応できますが、念のため取扱い説明書をご持参下さい。


★指定レンズについて
【APS-C/ 35mmFull Size】

Nikon AF-S 50mm F1.8G
Canon EF 50mm F1.8 STM
PENTAX smc PENTAX-DA50mm F1.8
SONY α”[Eマウント]用レンズ SEL50F18

【マイクロフォーサーズ ミラーレス一眼】
OLYMPUS PEN・OMD / LUMIX G GF GM
  =OLYMPUS M.SUIKO DIGITAL 45mmF1.8

以上がお薦めレンズとなりますが
お手持ちのもので近いスペックの単焦点レンズでもご参加いただけますので
不明な場合はご相談下さい。

★画像加工ソフトについて
Adobe Photoshop Elementsを4回めの授業までにインストールしていただきます。


幸せと感謝
を一緒に伝えるためのリビングフォト

お待ちしています!!!!


[PR]
# by livingphoto | 2015-08-09 12:00
c0250153_22213788.jpg
Bouquet de Photo
募集案内・受付中
2015年9・10・11・12月

c0250153_23125680.jpg

1年以上新規募集のご案内をブログ等に掲載していませんでしたが、
今回は少しお席をご案内できる運びとなりました。
この機会に是非。

Bouquet de Photoの授業はLIVING PHOTO BASICを修了された方でしたら
どなたでもご参加いただけます。
公認インストラクターのLIVING PHOTO BASICを修了された方も大歓迎です。

カメラの事も忘れてしまった・・・・という方もお気軽に復習にお越しください。


クラスでは季節の花をふんだんに使ったブーケやアレンジメントを作っていただき、
撮影も楽しんでいただけるようにフォトジェニックなスタイリングをご用意しています。


Bouquet de Photoはリビングフォト修了生のためのエンドレスのプログラムで、
特にカリキュラムはありませんが、
毎回、最新のカメラ情報に加えて、麗しの日本三大バラ王子をはじめとして素晴らしい花の生産者をご紹介したり、
怪しげな秘密のフォトテクニックなどLIVING PHOTOのオリジナリティー溢れる内容となっています。


フラワーアレンジメント初心者の方からプロまで、色々な方がいらっしゃいますし、
数メートル先のご近所の方から、飛行機に乗って通って下さる方。
LIVING PHOTOカメラオタク部やそうでもない人も 笑
事前のお申し出によるお振替も自由ですので、混みあったクラスも、ガラガラのクラスもあります。


美しい花とともに、幸せな時間を過ごせるLIVING PHOTO憩いの場 Bouquet de Photoへあなたも是非♥

損はさせません♥



Bouquet de Photo

Salonde Sylvie

2015年9・10・11・12月


(8月8日 11:00現在の残席)


.水曜クラス  9月30日‥10月28日‥11月4日・12月2日

   午前  満席  10・11月は振替で参加可

   午後  満席  

 

2.金曜クラス (前半)  9月11日・10月2日・11月6日・12月4日

   午前  満席  

   午後  満席


3. 金曜クラス (後半)  9月25日・10月9日・11月13日・12月11日

    午前 満席

  午後 4名


時間 午前クラス10:30~13:00 午後クラス13:30~16:00

 振込先はお申込み後お伝えいたします。


授業料 13.000円×4回+消費税 56.160円 (全4回分 消費税8%込み) 

振替の申し込みは前月中に必ずお願いいたします。花材発注後の別日への変更はできませんのでご注意ください。

●着払いにて発送をご希望の方は、箱(有料 400円 税込み)をご用意いたしますので事前にお申し出ください。

●欠席の場合は必ずご連絡下さい。お休みの場合は完成品を翌日お届けいたします。


 ■■申し込み専用メールに下記の内容を添えてお申込み下さい。

 livingphoto123@yahoo.co.jp


《件名 ブーケドフォトの申し込み》

1.お名前  

2.LIVING PHOTO BASIC 修了サロン名

3.住所

4.電話番号

5.メルアド

                              

★FBのメッセージでも承ります



c0250153_23192892.jpg

                     















[PR]
# by livingphoto | 2015-08-07 23:19 | レッスンスケジュール

c0250153_14023887.jpg


大変お待たせいたしました!!!
LIVING PHOTO FOOD
秋クラスの募集を開始いたします


A金曜  午前クラス

  ①2015年10月16日 ②11月20日 ③12月18日 ④1月22日 ⑤2月19日

  全5回 《時間》 Tea Timeを含めて3時間  午前クラス 10:00~13:00

このクラスの申込はこちらのサイトから

満席





B金曜  午後クラス

  ①2015年10月16日 ②11月20日 ③12月18日 ④1月22日 ⑤2月19日

  全5回 《時間》 Tea Timeを含めて3時間  午後クラス 13:30~16:30

このクラスのお申込はこちらのサイトから



食べ物をもっと美味しそうに撮りたいのにコントロールが難しいと感じていらっしゃる皆さんのための

FOODに被写体を絞ったスペシャルプログラム。

魅力的なフォードフォトの撮影に必要なカメラの設定、構図、スタイリング、ライティングテクニックを網羅しています。

LIVING PHOTOのメインコンセプトの自然光で撮影するLIVING PHOTO12の基本をしっかり身につけたからこそ

光への理解をさらに深められます。どのような光の条件や場所でも対応できる最新のプロフェッショナルライティングを含めた

より高度な内容になっています。

あなたのニーズに合わせてライティングができるように、毎回違ったライティング方法をご紹介しています。

プロフェッショナルライティングは機材が大変・・・・というLIVING PHOTO生の皆さんに、

ミニマムライティングのための「LIVING PHOTO ライティング・キット」付きのセミナーになります。



《参加資格》
LIVING PHOTO BASICとIntermediate(旧Advance)のコースを終了した

LIVING PHOTO会員対象


詳細は申し込み専用サイトでご確認下さい。


c0250153_14102969.jpg




[PR]
# by livingphoto | 2015-08-07 14:13 | LIVING PHOTO FOOD

「予約の取りにくいサロンレッスン」として好評をいただいている
LIVING PHOTO BASICの募集を開始します。


お陰様でLIVING PHOTOも今年で10周年を迎えます。

2005年スタート時には、
女性限定で一眼レフを使った写真教室はほとんど例がなく
「50mm」の単焦点のレンズを指定して
ふんわり明るい写真を教えるフォトレッスンはとても珍しがられました。

暮らしの中で、素敵だと感じる瞬間を美しく切り撮る
LIVING PHOTOの写真の楽しさを少しでも多くの皆様に伝えたいという思いは
スタート当初から少しもかわっていません。

LIVING PHOTOには花を美しく撮りたい、食べ物を美味しそうに撮れるようになりたいと願う沢山の女性が
全国から集ってきます。単純にテーブルにあるものを記録するだけでなく、
幸せな時間を写真で残したいという思いがカメラを使いこなしたいという学びの意欲につながっていると感じています。

幸せを感じるのは被写体への感謝の気持ちでもあると思っています。

幸せと感謝を一緒に伝えるためのリビングフォトを
お届けします。




リビングフォトの極意を学んでいただく
LIVING PHOTO BASIC

2015年秋 10月スタートクラスの日程が決まりましたのでお知らせ致します。


画像

8月9日(日)21:00より募集を受付致します。




****************
LIVING PHOTO BASIC 日程
****************



A水曜  午前クラス
  ①2015年10月14日 ②11月11日③12月9日 ④1月20日 ⑤2月17日

B水曜 午後クラス
  ①2015年10月14日 ②11月11日③12月9日 ④1月20日 ⑤2月17日

C木曜 午前クラス
  ①2015年10月15日 ②11月12日③12月10日 ④1月21日 ⑤2月18日

D木曜 午後クラス
 ①2015年10月15日 ②11月12日③12月10日 ④1月21日 ⑤2月18日



あかるくふんわり撮影するLIVING PHOTO CLAIRE

シックにスタイリッシュなDARK CHICの両方を
しっかり学べるプログラムにバージョンアップし、
フォトジェニック・スタイリングも徹底分析してお伝えしています。




LIVING PHOTOは、8名前後の少人数で各クラス3時間
充実した内容になっています。

Salon de SylvieのLIVING PHOTOのプログラムの流れについては
こちらを御覧ください。★★★


*****************************************
LIVING PHOTO BASIC 
******************************************


全5回 《時間》 Tea Timeを含めて3時間 
              午前クラス 10:00~13:00
              午後クラス 13:30~16:30

《費用》授業料50.000円 +LIVING PHOTO入会金10.000円 
 +消費税 8% 4.800円    計64.800円(税込価格)




《内容》
デジタル一眼レフおよびミラーレス一眼のマニュアル操作
LIVING PHOTO CLAIRE/DARK CHICの撮影方法
フォトショップ エレメンツを使った画像の加工の基本と印刷
フォトジェニック・スタイリングについてなど

リビングフォトに必要な撮影方法の基礎全般をお教えします。


《参加資格》
デジタル一眼レフカメラ・ミラーレス一眼に指定のレンズをつけてご参加の方。
女性限定とさせていただきます。


★カメラについて

リビングフォトではこれまで通りAPS-Cサイズまたはフルサイズのデジタル一眼レフカメラに50mmF1.4~1.8のレンズの組み合わせをお勧めしています。
ミラーレス一眼でも受講していただけます。
どのメーカーの一眼レフデジタルカメラおよびミラーレスカメラををお持ちになっても対応できますが、念のため取扱い説明書をご持参下さい。


★指定レンズについて
【APS-C/ 35mmFull Size】

Nikon AF-S 50mm F1.8G
Canon EF 50mm F1.8 STM
PENTAX smc PENTAX-DA50mm F1.8
SONY α”[Eマウント]用レンズ SEL50F18

【マイクロフォーサーズ ミラーレス一眼】
OLYMPUS PEN・OMD / LUMIX G GF GM
  =OLYMPUS M.SUIKO DIGITAL 45mmF1.8

以上がお薦めレンズとなりますが
お手持ちのもので近いスペックの単焦点レンズでもご参加いただけますので
不明な場合はご相談下さい。

★画像加工ソフトについて
Adobe Photoshop Elementsを4回めの授業までにインストールしていただきます。



[PR]
# by livingphoto | 2015-08-06 18:40


夏草のかぶれには注意です!!!!!


今からちょうど20年前の今頃、アレルギー性皮膚炎で広尾の日赤に3週間入院しました。

たいていの病気は心配しない内科医の父が、遠路はるばる見舞いに来たので、

「これはまずいぞ・・」と家族がざわつきました。


忘れもしないエミーズの花の授業の後。

震えが止まらないほどの痒みが出始めたのですが、妊娠8ヶ月で抗アレルギー剤投与ができず、

痒みの強い発疹が全身に広がりました。


もう植物扱う仕事は諦めなくてはいけないかもとフラワーデザイナー廃業の危機を感じた事件です。


アレルギーを引き起こす抗原は診断では特定されなかったので、

未だにフラワーデザイナーを続けていますが、

おそらく「カクレミノ」というブーケに使った葉っぱが原因。


敵を知らねばと、薬さえ飲めば大事には至らないので、

後になってこっそりパッチテスト的な事をしました。



数年前パリのランジス市場でも山積みになっている「ツリーアイビー」で同じ症状になって、

手をグーに出来ないぐらい腫れ、成田から皮膚科に直行する痛恨のミス 涙。



20年前の花のクラスには50人近い生徒がいたので、同じようにかぶれた人がいたら困ったな~と心配しましたが、

発症したのは私だけ。普通は大丈夫なのだと思います。


血液検査では花粉症を含めて珍しいほどアレルギーは少ないという結果なのに不思議です。


私の苦手なこの植物は花市場でも時々みかけますし、

近所の庭木にもあるのでその道は通らないように気をつけていても、

この時期は「おやっ?」と思う反応が出るので、拡がる前に早めの対処。



パリで懲りたので夏の旅行に薬は持って行きます。


実は昨日も恒例のブツブツが指に出て、なんかイヤな感じ 涙


生まれてきた次男には全くアレルギーがないのは救いです♥



夏草にお気をつけ下さいませ♬


[PR]
# by livingphoto | 2015-08-06 10:49 | ライフスタイル
夏の課題として新しい事を勉強しましょう・・・・と今年選んだテーマのひとつが
スピードライトを使ったポートレートライティング。

数年前のフードフォトのプログラム立ち上げもそうでしたが、
今道しげみと一緒に学ぼう企画です★

c0250153_13121318.jpg


ニコンカレッジでなかなか抽選に当たらない・・・大人気のフォトグラファー小山敦也氏をお招きしてLIIVNG PHOTOのコラボイベント
を開催しました。

プロのモデルさんをお願いした初の本格的なポートレート撮影にみなさん大興奮♬

難しくてなかなかうまくいかないけれど、これはハマる予感 笑


c0250153_13123024.jpg





総勢14名の実習★我が家のボーボーの庭がこんなに役に立つとは・・・・
風通しの良い庭なので、意外に暑さも気にならず楽しい屋外撮影でした。

小山先生は教えるのがうまくて、楽しい~~~~♥

c0250153_13130524.jpg


私の今回の撮影機材は、Nikon D750+AF-S50mmF1.8GスピードライトSB700です。

絞り優先Aモードで絞りは開放にしています。

スピードライトでの撮影は、メーカーや機種によっては搭載されていない最新のコマンドを使用するので、

ニコンイメージングジャパンから特別に

NikonD7200とAF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED スピードライトSB900

沢山お貸し出しいただきました。


こんなに簡単に美しい光が・・・・とみなさん撮影に夢中に★


LIVING PHOTOの唯一ともいうべき基本機材である「レフ板」があればいいじゃない・・・

とそれまで思っていたのですが、ポートレートの場合はアシスタントも必ず必要。

特に熟女モデルの場合は、正面からの柔らかくて美しい光で、

シワとほうれい線を少しでも目立たなくさせたい!そこでスピードライトの出番です。



ここに来て私もカメラの新しい上位機種を使う意味がやっとわかってきました。汗
背景を美しくぼかすポートレート撮影に必須のスピードハイスピードシンクロ


フラッシュ撮影同調速度」の設定で、あらゆるシャッタースピードに合わせて発光を制御するニコンならでは素晴らしいシステムに感動しました★


LIVING PHOTOはフラッシュNGでしたが、

知らないうちに技術はどんどん進んでいるもので、

勉強する価値絶大。上等なカメラを持っている人で知らないのは宝の持ち腐れ 笑 


小山先生とニコンさんと、今回スピードライトに目覚めさせてくださった芝川製作所の社長に大感謝です。


ということで、来週は私が「実験台」になって復習します 笑


c0250153_13133928.jpg




[PR]
# by livingphoto | 2015-08-05 13:18 | ETVENT

息子の留学

c0250153_23531077.jpg


ロンドンに留学する長男の送別会。

26才ですからとっくに子離れしてるつもりでしたが、
初めて家から出す。。。と思うと胸が熱くなりました。

私は彼の年齢の時にはすでに、彼をロンドンで出産し、
イギリス人に揉まれながら子育てをしていました。

だから留学をするなら是非とも生まれ故郷ロンドンにして欲しいと思っていました。

人生の約半分を海外で過ごした息子ですが、
それは親の都合。今回、自分の意志で決断し、
(私はどちらかと言うと、学生ならともかく、引き止めたい感じ 笑)

自分の稼いだお金で行きます。
(出したげようか?という申し出を断固拒否 笑)。

自分で決めて、自分のお金で行く。
当然の事だと思うけれど、息子ながら立派だなと。

とにかく健康と安全祈願★ 英国にお住まいの皆様、何かあった時はよろしく♥

Face Bookでは400以上の「いいね」。感謝いたします。
[PR]
# by livingphoto | 2015-07-30 23:55 | ライフスタイル
c0250153_23292341.jpg


私のキャリアの話で役に立つのか心配になるぐらい堅めの経済誌からの取材がありました。


取材ではお話しませんでしたが、私が25年前に「サロネーゼ」を始めて間もない頃、
一緒に英国での出産育児の本を出版したイギリス人の心理学者に

「しげみはセルフエスティメイトが高い。
日本人はもっと謙虚だと聞いていたけれど、何か違う。
失敗を恐れないというよりも、成功しか見えてない強さが武器だ」と
本を出版する際、同時通訳付きの記者会見で私の事が紹介され、
着物を来た私のカラーの写真がローカルペーパーの表紙にもなりました。

英語は不自由、本の編集は未経験、ワープロも使えない・・・・のに
3ヶ月ほとんど睡眠を取らずに子育てと家事と花の仕事をしながらバイリンガルの本を出版。

日経新聞や読売新聞も取材が来て、
「国際衛星版」ですが私の名前と年齢が初めて新聞に載ったのが27才。

この時に日本ではまだ一般的ではなかった「ボランティア」「インフォームドコンセント」を骨身にしみるほど体験しました。

今日、記者の女性に「戦略的ですね」といわれて褒め言葉に聞こえた私は、
セルフエスティメイトが高いと言われたあの頃とちっとも変わってないな~と思う 笑

2週間後の記事を読むのが怖いです~~~ 笑
[PR]
# by livingphoto | 2015-07-30 23:50 | ライフスタイル
c0250153_23252305.jpg

FOOD PHOTO ライティングの2回めのフォトセミナーで撮影したハニーレモン。

LIVING PHOTOスペシャルライティングセットを使っていますが、
今年から新しく使い始めたCoomie先生が探してくれた撮影用の蛍光灯が優秀で、
色温度の管理がとても楽になりました。

フィードフォトのセミナーでは毎回ライティング方法だけではなく
「白熱灯」「蛍光灯」「LED」「太陽光」と光源も変えています。

c0250153_23264899.jpg


[PR]
# by livingphoto | 2015-07-30 23:27 | LIVING PHOTO FOOD

恋仲

c0250153_23191044.jpg




視聴率一桁の月9ドラマ「恋仲」。
わたしは、物凄く好きなんだけど・・・・・
ネットに「現代の若者には直視できない甘酸っぱい映像の連続だったが、なぜか昭和のオヤジ世代は食い入るようにテレビに張り付いていた」
とあるじゃないですか。
ふくしくんはともかく「翼ちゃん激かわいい~」と思う私は昭和のオヤジって事よね? 笑





c0250153_23201527.jpg


[PR]
# by livingphoto | 2015-07-30 23:20 | ライフスタイル

前からやってみたかったYou Tubeへの動画投稿★


高橋貴子先生の動画セミナーで作ったのが上のMovie。
ノートパソコンのスペックが足りなかったので、iPhone動画を
iMOVIEで編集しています。


Nikon D5500の動画を使って編集を復習してみたのがこちらです。
編集方法がよくわからないので、とりあえずシンプルに。
50mmF1.4のレンズを使っているので背景をふんわりさせた
LIVING PHOTO Movieです。



そして、本日3本目の動画。
表参道のSUGAHARAのカフェreStでChirihoちゃんのコラボランチ。

reStの爽やで明るいイメージを伝えたかったので、
オリンパスPEN Lite E-PF7で動画を撮影しています。
PENのシリーズはファンタジックフォーカスなどのアートフィルターを使った
動画撮影ができるのが魅力。



動画は大変よ・・・と、周りの大人?は薦めてくれなかったのですが、
やってみると全然苦にならない。。。どころか楽しい。

そう言えば、昔はよく子どもたちのビデオ撮っていて、
「お母さん上手」とよく褒められてました 笑 
自分で言う?笑

さて、次は何を撮りましょうか。


LIVING PHOTO生向けのフォトショップのおしゃれなチュートリアルを作るのが
目標なので、少しずつスキルを増やしていければなと思っています。



[PR]
# by livingphoto | 2015-07-30 23:15 | 動画

初めてのMovie



My first movie lesson with You Tube!!!!!
[PR]
# by livingphoto | 2015-07-27 17:50
ポントガルテンでリビングフォト クレールのフォトセミナーを開催しました★
沢山の皆様にご参加いただきありがとうございます。

奈良・学園前の閑静な住宅地にあるポンテガルテンのゆみこさんは
センスが良くてとても有名なフローリスト。

奈良でのフォトセミナーは六年ぶりですが、
ゆみこさんとは先日パリでお目にかかったばかり。


もしかして、このお店はパリなのかもしれない・・・・と錯覚を起こすような
素敵な店内。

貸し切りにしていただいてフォトセミナーをさせてもらいました。



c0250153_073214.jpg



c0250153_08107.jpg




c0250153_082592.jpg



c0250153_084234.jpg




c0250153_085713.jpg




c0250153_091379.jpg



c0250153_093289.jpg




お茶の時間はお手製のローズシロップのパンナコッタ。


c0250153_010765.jpg




次はDARK CHICを教えるセミナーを予定しています★


c0250153_0102112.jpg

[PR]
# by livingphoto | 2015-07-15 00:13 | LIVING PHOTO

フランスの旅 1

c0250153_14472758.jpg


今回のフランスの旅は、ドルドーニュ地方の小さな村にある
PKちゃんのシャトーで1週間のヴァカンスを過ごし、
残りの3日間をパリで花のお稽古と撮影をする旅。

今から10年ほど前に、PKちゃんの英国人のご主人に、
「しげみさん、このシャトーを買ったから遊びに来てね」と
香港のルーフトップでワインを飲みながら、「航空写真」を見せてもらって以来
ずっと楽しみにしていた訪問。

11世紀から続く由緒正しいシャトーですが、
住めるような状態ではなかった壮大な建築物。
10年かけて、大掛かりな改築を続けてきた夫妻のご苦労を思うと
「羨ましい」をとっくに通り越して、尊敬の一言。

お金持ちって大変~~~ 笑


今回の旅の始まりは、
羽田からパリ行に乗り、シャルル・ド・ゴールで乗り継いでボルドーまでは
腰痛を抱えた一人旅。


香港在住でキャセイパシフィックの現役CAしているKKとボルドーAPで合流することを計画していましたが、
航空会社の社員のチケットほど不確定なものはない事を身にしみて知っている私は
彼女の顔を見るまで超不安。


彼女のトランクがロストバゲッジになる・・・・というトラブルはあったものの、
無事に会えて安堵。


c0250153_14484440.jpg



KKとレンタカーで高速と「農道」を迷いながら走ること3時間。

c0250153_1449763.jpg


PKのお城に無事に到着。
広大な敷地にある本物のお城に、ただただビックリ!!!!

c0250153_14462730.jpg



c0250153_14465073.jpg



c0250153_1450211.jpg



前庭もこんなに広大!
早速、シャンパーニュで★

(携帯の写真が画質の悪いまま大きなサイズで申し訳ないのですが、そのままにしますね)

c0250153_1451504.jpg


c0250153_14504727.jpg



c0250153_14521831.jpg



毎日シャンパーニュを飲んだくれて、
のんびりピクニック★


c0250153_14532230.jpg



ついた日の夜は、
いつもはNYの5番街に住んでいるというマダム・キャロルの家で
サロンコンサートへ。

続きはまた★
[PR]
# by livingphoto | 2015-07-09 15:08
c0250153_1422151.jpg


Face Bookを始めた頃、
知らない間に「友達リクエスト」を出してしまった私に
丁寧なメッセージをくださり、
「これもご縁ですから。。。」とお友達になってくれた
パリ サンジェルマンにある
カフェ・ド・フロールのギャルソンとして有名な
山下哲也さん。

パリではこのカフェの目の前のホテルに滞在していたので、
「はじめまして」と挨拶したら「お顔をみたらすぐにわかりましたよ。

私の「猛暑なのでラベンダー色の帽子を買いました」というFBの投稿を覚えくれていて、
ピンクのお帽子はかぶってないのですか?」と切換されました。


c0250153_1441482.jpg





観光客と常連がごった返す中、
マエストロのように場を仕切っている姿は美しいなと。


c0250153_1444817.jpg


薦めてくれたこのフレッシュレモンジュースのお陰でまた元気にパリを闊歩♬


c0250153_14587.jpg




そして向かった先はカフェから5分ほど歩いた裏通りにあるIRIE。

プロフィールや上の衣装もですがIRIEの服が好きで、
パリ本店のSoldもいつも楽しみにしています。

ムッシュIRIEにも初めて会えて感激!

c0250153_1471788.jpg

[PR]
# by livingphoto | 2015-07-09 14:09 | LIVING SOTO
私の「パリ三大王子」の一人、土井原英治くん♥

LIVING PHOTOでレストランフォトを定期的をスタートさせる際、
「素晴らしいシェフがいるから」と紹介してもらったのが
当時銀座のブラッセリー・ポール・ボキューズでシェフをしていた英治くん★
もう7~8年前でしょうか。


c0250153_13482163.jpg



彼が星付きのトップ・シェフとして移動したメゾン・ポール・ボキューズに
LIVING PHOTOのレストランフォトも場所を移し
彼が去った今でもずっとお世話になっています。



c0250153_13483692.jpg


英治くんがオーナーシェフとしてパリに行くと聞いた時は寂しかったけれど、
パリでの王子の大活躍ぶりに
それまでの苦労を思って目頭がうるむ 笑 

 パリジャンとパリジェンヌのファンがいっぱいいるという「看板娘」のマダム暁子に会えなかったのが残念。
また次にね~~~♬

英治くんのフレンチを
本場フランスの食材を使ってパリで食べたらどんなだろう~~~と
ずっと楽しみにしていたのですが、
大胆にして繊細、
意外に可愛い 笑

もちろん味は極上★

しかも、初めて来た気がしない、くつろげる雰囲気が最高です。


英治くん、ごちそうさま。

c0250153_13485595.jpg


そしてご一緒してくださったパリで頑張っている可愛子ちゃんたちに感謝です!

c0250153_13525248.jpg
 


Le Sot l’y Laisse(ル・ソリレス) 
70, rue Alexandre Dumas, 75011 Paris FRANCE
℡ 01 40 09 79 20
[PR]
# by livingphoto | 2015-07-09 13:58 | restaurant

rue Cremieux 光を知る

c0250153_13444380.jpg



広告写真会の巨匠に「あなたは、何故、光の事がわかるの?」と聞かれて、
「天賦の才能だと思います」という答えが浮かんだわたくし 汗 


肉眼とカメラの色の捉え方には大きな「違い」がある。。。
という事実を知る経験を重ねることが大切。

壁の色の美しいパリ リオン駅近くのrue Cremieuxですが、
花の色を優先すると壁の色は消えます。

フォトショップの「あぶり出しの術」でこすってみましたがこの程度。

生徒にどうしたらいいですか?・・・・と聞かれる度に、

欲張りは失敗のもと」とお答えしています 笑
[PR]
# by livingphoto | 2015-07-09 13:45 | LIVING SOTO
c0250153_13371753.jpg


日本三大バラ王子 堀木くんの作出の新しいオリジナルローズ
ピースオブマイ・ハート」が本格デビューしました。


****「ハートのかけら」の名前どおり中央がハート型に3つに割れて開花する。
純白大輪品種で花弁数も多く、花持ちは普通だが開花はとても緩やかなので6分咲きでの出荷。
 時期によりグリーンアイが覗く。
芳香は微香。水耕栽培。****


素敵過ぎるバラのブーケに、心が乱れます 笑
幸せを感じさせてくれる、
美しいピースオブマイ・ハートを作るバラ王子に感謝の気持ちを込めて♥
[PR]
# by livingphoto | 2015-07-09 13:37 | Bouquet de Photo
c0250153_12512645.jpg



今日はLIVING PHOTOで画像のバックアップの方法についてもセミナーをしたので
古い画像を久しぶりに開いてみました。


c0250153_1258660.jpg




c0250153_1312252.jpg



これはまだ写真家になって間もない頃。

すっかり忘れていましたが、
すでに広告写真もどきも撮っていました。
三好和義氏の有名な「楽園シリーズ」の後継として
某化粧品会社の会報誌の表紙に抜擢されて
1年間担当した時のヒヤ汗写真です 笑


40才を過ぎてから新しいキャリアへの挑戦は無謀とも思われましたが、
専業主婦という守られた居心地の良い場所から
「隙間」をみつけて、どうしても自分の力をもう一度試してみたかった。

努力はしたけれど、私自身の能力はプロとして始めた頃とあまり変わっていないように感じる。

もし、「良くなっている」と感じて下さる人がいるとしたら、
それはカメラ、プリンター、PC、インターネットなど写真を取り巻くテクノロジーの進化だったり、
被写体である美しい花を作ってくれている人達のお陰。

今年でLIVING PHOTO10周年を迎えます。

これからも感謝の気持ちを込めて真摯に続けて行くことが
今の私の進む道だと思う★
[PR]
# by livingphoto | 2015-07-09 13:13 | LIVING PHOTO
c0250153_1239641.jpg




今週発売になった「Nikon D5500」ムック本の巻頭を含め12ページ担当しています。

正式名称は少々長いですが「D5500 ムック本」で検索すると出てきます。
「ニコンD5500マニュアル―ちっちゃくて、軽くて、“可愛い”が写る一眼レフ (日本カメラ

テーマは「Happiness&Apreciate 
幸せな時間を切り撮り感謝を伝える」

内容は・・・・・

「美しい花や、美味しそうな食べ物をどうしたら撮れるのか。単純にテーブルにあるものを記録するだけではなく、幸せな時間を写真で残したいという思いが、カメラの操作方法を覚えたいという学習意欲につながっていると感じている。幸せを感じるのは被写体への感謝の気持ちでもある。幸せと感謝を一緒に伝えたいという願いを込めて、美しい写真のためのレンズ選びや光など、リビングフォトに欠かせない5つのポイントをわかりやすく解説する。」
解説や写真はこちらからどうぞ♬


FoodのDARK CHICをフォトショップを使わなくても仕上げる新しい設定を発表しています。
LIVING PHOTO のブーケドフォトにかよって下さっている皆さんには
おなじみの LIVING PHOTO N5320のニコンバージョンです★


c0250153_1246103.jpg

[PR]
# by livingphoto | 2015-07-09 12:46
c0250153_12324866.jpg



LIVING PHOTOではポストカードをプリントするセミナーもしています★

2日間で30数人分の素敵なポストカードが出来上がりました!

プリントを見せた途端に、
「わぁ~~嬉しい~~♥」と顔がぱ~っと明るくなる皆さんの反応が私の幸せエネルギーになります。


自分で言っちゃいますが、私はプリントが上手です 笑

昨日来たばかりの新しいEPSONのプリンターEP807AWのお陰ですが、
いざという時のプリント王子もいます。

新しいプリンターはさらに小さくなっていて驚きました。
後ろから差し込みの印刷もできる様になって嬉しいです♥

2週間ぶりの仕事だったのですが、
バカンスボケで「私ってこんなにタイトに仕事してた?」と少々体力が不安になる 笑
[PR]
# by livingphoto | 2015-07-09 12:34 | LIVING PHOTO
ぎっくり腰で危ぶまれた渡仏でしたが、無事に戻りました★


いきなりですが、
パリ12区のリオン駅近くの裏通り rue Cremieux
の写真です。

一人旅は、納得できるまで写真に向き合えるのがいいところ。

この場所で、午前中いっぱい粘って、試行錯誤しながら撮影した写真です。
団体での撮影は無理だったかもと思うほど時間をかけました。
かなりの不審者です。


c0250153_092092.jpg



日頃はLIVING PHOTOの撮り方を教える仕事をしていますが、
それ以外の「撮影方法」となると、
知らない事だらけ 笑

引きこもり写真家ですので、人混みに「浴衣」と「下駄」で出かけるのはおろか、
三脚を持ち出すなんて想像も出来ないので
プロの写真家になって10年も経つというのに、
未だに「花火」を撮ったことがありません 汗

LIVING PHOTOブランド的には手落ちなので
公認インストラクターのCoomie先生にカバーしてもらっています。

もちろん、耳年増?なので、撮り方は知ってます 笑


実際は授業でLIVING PHOTO以外の「撮り方」について教えたり、
実習に出かける時間がほとんどないので、
今回私自身が学んだ「過程」をご披露したいと思います★


パリで写真の勉強をされたAPAの先輩フォトグラファー勝尾仁氏より
面白い場所があるから・・・・とその日の朝にメッセージをもらい
考えていた「パリの色」というテーマにぴったりだったので
喜び勇んで出かける事にしました。

今回のパリは一人旅なので、
メトロに乗るのは控えて全てタクシー移動。

ホテルのフロントにお願いしても、全然タクシーが来ないので
ベルボーイのお兄さんが、「リオン駅なら63番のバスが便利ですよ」と親切に発車寸前の
バスを体を張って止めてくれたので、飛び乗りました。



c0250153_0242466.jpg




リオン駅から数分の場所にある裏通り
rue Crenmieuxという通りです。

勝尾氏が色鮮やかなサンプル写真を添付してくださっていたので、
同じようなシーンが広がっている・・・・・と期待したのですが、
通りに入った時に目に入ったのは次のような光景

地味すぎる・・・・・・・笑

c0250153_0325623.jpg



せっかく NikonD750を持ってきたのに・・・・
勝尾さんに教えてもらったのに・・・・・
お兄さんが捨て身でバスを停めてくれたのに・・・・・


多分近所なら速攻諦めていたと思うのですが、
何とか「形」にせねば女がすたる~~~~~と
写真家魂に火がつきました 笑


まずは、とりあえず大量にシャッターを切って画像を確認しながら
何が魅力で、何が問題なのか考える事にしました。

★家の壁面のペイントが色鮮やかで美しい
★抜けるような青空で晴天

好条件で撮れないのは私に問題があるのは必至

朝の早い時間だったので、陽が低くて片方の壁面の半分にしか
光が当たっていない事が問題

c0250153_0464289.jpg



これ以上露出補正をプラスにすると壁面のせっかくの色が抜けてしまいます。
太陽が登るまで2時間待てば解消されると思うのですが
通りの反対側との明暗差が解消されるまで更に2時間、合計4時間は待てない。
多分、その時間には「青空」が光線の角度でダメになるかも・・・・

今できることを考えて、思いついたのが
Nikon D750についているアクティブDライティングを「強め」に設定すること。
予想通り、ここまでの明暗差では焼け石に水。

次の手はHDR「強め」。
期待通りに威力を発揮して小躍り!

さらに、色を強調するために
カスタム・ピクチャーコントロールのVIVIDの彩度を+2に。

ホワイトバランスはAUTOのままです。



優しいナチュラルな色使いからは程遠い作風となりましたが
なんだか外人フォトグラファーっぽい。
アメリカのフォトギャラリーでよく見かけるこの世のものとは思えない「ペキペキ」した色?

元はといえば、勝尾さんが送ってきてくれた
「サンプル画像」がそんなでした。

Wi-Fiがつながってないので、
サンプル画像を確認しながらの撮影は出来ませんでしたが、
一瞬見ただけの私の画像の「記憶力」はなかなかのもので、
かなり近い仕上がりに。

200mほどの通りなのですが、ほぼ同じ立ち位置 笑
こんな感じの写真だったような★


c0250153_131791.jpg




ボケ感が出ないようにパンフォーカスにしたかったので
Mモードで絞りはf10

レンズは24-85mm f3.5-4.5を使っていますが、
歪みが出にくいように、出来る限り望遠側に調整しながら立ち位置を調整。

垂直はグリット線を使いながら気をつけて撮っていますが、
更にフォトショップの「角度補正ツール」と
「レンズ補正」で歪みを補正しています。


露出の違う画像数枚をカメラ内で合成するHDRを使用すると
明暗差が少ない写真が撮れますが、
連写した画像を使うので
手ブレしないようにしっかり構えます。


手ブレするとかなり悲惨 笑
(良い子は三脚をつかいましょう)


c0250153_1151046.jpg



敵は「手ブレ」だけではありません。
被写体ブレも大敵。


c0250153_1155039.jpg




時間をかけて色々やっていると、
お掃除のおばあさんに睨まれてドキドキしますが
良いことも。

ほとんど人通りが無かったのですが、
写真が趣味だという5Dを持ったアメリカ人女の子とも仲良くなって
撮ってもらいました。


c0250153_1485978.jpg




さらに、猫が慣れて、なつくというおまけ。

猫写真家というのは、時間が大事なのだなと学ぶ 笑


c0250153_1182779.jpg



いい感じの場所にじ~~~っとしてくれた黒猫ちゃん
HDRのぶれぶれ写真も多いのでとにかく沢山撮っておくことが大切


c0250153_1195913.jpg



通りには勝尾さんそっくりなパリジャンも!?



c0250153_120572.jpg




色が毒々しいのに疲れて
「ピクチャー・コントロール」の「ニュートラル」でもおさえておくことに★



c0250153_1494215.jpg




普段はひたすら50mmのレンズで「部分」を切り撮ったり、
ボカした写真を撮るLIVING PHOTOですが、
旅の写真は冒険できるから楽しい!


c0250153_1533145.jpg




c0250153_1534943.jpg

[PR]
# by livingphoto | 2015-07-05 01:54 | LIVING SOTO

感謝★

先週の日曜日
ぎっくり腰&気管支炎に。

ほぼ「捨て身」の覚悟で臨んだ今週の7つのフォトセミナー。

ひとつもキャンセルすることなく
家族に介護してもらいながら
無事に終了しました。

とにかく体をゆっくりとしか動かせないので、
途中で体を横たえながら、
いつも倍の時間をかけながら準備しました。
夜はぐったり、毎晩10時間以上寝ていましたが、
併発していた気管支炎が災いして、
激しい咳込みで何度も振り出しに。



c0250153_9542040.jpg



仕事を終えてホッとしたのか、
ようやく快方に向かっています。
沢山の方にご心配いただき、心から感謝申し上げます。

セミナーのクオリティーの低下と
キャンセルだけは何としても避けたいと気力で頑張りました。
いつもの様に楽しんでいただけたなら幸いです。

私のセミナーには物凄く楽しみにしながら、
多忙の中時間をやりくりして参加してくださる方、
遠方から来てくださる方がいます。

今週も、日本全国から。
もしや・・・とニコンカレッジで質問してみると、
「ロンドン」「上海」からわざわざこのために帰国しましたという方まで。
先週は、「ロサンゼルス」
その前は「メルボルン」「香港」

多分、ニコンカレッジ通学距離累計記録ではトップクラスだと思います。

楽しみにして下さっている生徒の皆さんに
本当は体調不良の事は隠して臨みたかったのですが、
「ぎっくり腰」は明らかに動きがヘンなのでそれは無理。
日に何度も更新しているFBがぱったり出来なくなり、
ご心配をおかけして申し訳なく思います。


「どうせ、しげみさんは生活もかかってないし、仕事といっても
自分の楽しみのだけにやってるんでしょ」と思われているむきもありますが、
家事は家族に迷惑をかけていますが、
仕事は「命がけ」でやってます 笑


c0250153_9591873.jpg


セミナー中に、
靴下を履かせてくれたり、
神経ブロック注射について専門医に問い合わせてくれたり、
お薬の相談にのってくれたり、
腕のいい鍼灸師を紹介してくれたり、
ビスチェがいいよと着せてくれたり、
マッサージクリームを届けて下さったり、
夕飯の差し入れをいただいたり、

多くの皆様にそれはそれは良くしていただきました。

明日からの渡仏、
全ての手配は済んで、後は乗るだけです。

ぎっくり腰になる前は、
今回の渡仏の目的地である友人のChateauの名前だけを頼りに
一人旅をすることを柄にもなく急に心細く思って、
夫に「やっぱり、ついて来てぇ~~」と泣きついていましたが
この1週間の最大の心配事は「エコノミーの椅子に座れるか」に完全シフト。

ファーストクラスで往復できるほどマイレージがあるのに
ボルドー往復に適応出来ないことを恨みつつ、
お金をケチったことを大後悔。


それでも、
やっとPCの椅子にこうやって座れる様になったので
少しづつ霧が晴れてきました。


それでは、行ってまいります♥


c0250153_9594863.jpg

[PR]
# by livingphoto | 2015-06-21 10:17 | ライフスタイル
Nikon College @Studio AVATTA
LIVING PHOTO *DARK CHIC


今日のニコンカレッジもフルパワーで頑張りました★
桐島ローランド氏のハウススタジオ AVATTAは光も美しくて撮影のテンションが上ります。


「ロサンゼルスからLIVING PHOTOを習いに参りました」とおっしゃる方もいて仰天!
遠くからお越しいただき感謝です。


c0250153_2357139.jpg




私はこの一枚を撮るのに、「同じ構図」で露出を変えながら5枚ほど撮っていました。

実習中の生徒さん達の「場」を占領するのは忍びないので、かなり少なめ。
その分、集中しながら「これだ!」と感じる写真に近づけるように
「色」「明るさ」「ボケ感」「ピントの位置」「被写界深度」をこまめに調整しながら
同じ構図で複数枚必ず撮影しています。


一枚ずつしか撮ってないという生徒は反省して下さい 笑


c0250153_23573160.jpg




フォトショップで「修正」していると思われがちですが、
特にニコンカレッジのダークシックはカメラの設定で仕上げるコンセプトで設定を細かく指導しているので、
この写真はリサイズと文字入れのみ。

色や明るさは全く触っていません。

「うまいこと撮れてるのがあって、よかったわあ~~」←心中何故だか関西弁 笑


c0250153_031495.jpg

[PR]
# by livingphoto | 2015-06-14 00:03 | ETVENT
奈良・学園前にある素敵なフローリスト ポントガルテン
明るくふんわり撮影するリビングフォト・クレールのスペシャルコラボの
フォトセミナーを開催することになりました。

7月13日のクラスが即時満席となりましたので
9月7日(月)追加クラスを開催させていただきます。

昨日募集を始めた追加クラスもお席がわずかとなっています。

こちらからお申込み下さい★★★


c0250153_6574545.jpg





奈良ではおしゃれでとても有名なフローリストです。
以前、ポントガルテンさんのお世話でフォトセミナーをさせていただいたのですが、
古いブログの記事を探してみると、なんと2009年


c0250153_70919.jpg



またやりましょうね・・・とお約束して6年も経ってしまったにもかかわらず、
ご縁を繫いでくださっているYUMIKOさんに感謝です。

「学園前」は私が幼い頃から結婚するまでの間
毎週の様にピアノのお稽古に通い、
友人も多く住む懐かしい思い出の場所でもあります。

東京ではちょっと見られないような、
センスの良い豊かな暮らしが垣間見られる
緑に囲まれたお屋敷街にポントガルテンはあります。

地元の近所にそんな素敵な場所があるのをとても誇りに思います。

関西でLIVING PHOTO CLAIREをしっかり学びたい方は是非ご参加下さいませ。






*********************************************
ポントガルテン×リビングフォト クレール フォトセミナー 9月7日
*********************************************
日時 2015年9月7日(月) 11:00~14:00
(ティータイムを含みます)
場所 ポントガルテン 奈良登美ケ丘本店
費用  16.200円

内容 
一眼レフカメラとミラーレス一眼を使って、
ふんわりと背景をぼかし、明るいイメージのリビングフォトの撮影テクニックを教えます。
フォトジェニックなスタイリングの方法もお伝えします。

ポンテガルテンの美しいブーケやアレンジメントをスタイリングしたり、
店内での撮影を自由に楽しんでいただけるまたとない機会です。

初心者の方にもわかりやすく、そして楽しく学んでいただけるセミナー内容になっています。

一度受けただけで魔法がかかったように写真が変わる!と
ご好評をいただいているセミナーです。

【参加資格】
一眼レフカメラ・ミラーレスカメラをお持ちの方 (コンパクトデジカメでの参加は不可)
背景をふんわり美しくぼかすにはリビングフォトの指定のレンズをご用意いただく事が必要となります。
カメラのメーカー、機種によってお勧めの「指定レンズ」は異なりますので
以下を参照にご用意下さいませ。
貸出レンズはご用意できませんが、とりあえず手持ちのレンズで参加したいという場合も参加いただけます。

Nikon  50mmF1.4 ★50mmF1.8   58mmF1.4  
Canon   50mmF1.4  ★50mmF1.8 50mmF2.8Macro
Sony 50mmF1.4 ★50mmF1.8
Olympus PEN OMD/LUMIX ★Olympus 45mm F1.8   20mmF1.7
PENTAX 50mmF1.4

新しくお買い求めになる場合は★がお薦めです。
お薦めレンズがわからない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

それではお目にかかれますことを楽しみにしています。


今道しげみ
[PR]
# by livingphoto | 2015-06-13 07:03 | レッスンスケジュール
LIVING PHOTOニコンカレッジ募集が始まっています。

c0250153_1853546.jpg


9月26日(土)
東京の芝公園にある桐島ローランド氏のハウススタジオにて
ニコンカレッジをします。

午前中はLIVING PHOTO CLAIRE
午後はDARK CHIC 

の2本立てです★

6月のセミナーはキャンセル待ちでご迷惑をおかけしていますが
この機会に是非!


c0250153_18541164.jpg



c0250153_18542980.jpg



c0250153_18544888.jpg



c0250153_18551148.jpg

[PR]
# by livingphoto | 2015-06-09 18:56 | レッスンスケジュール

LIVING PHOTO CLAIRE in NARA

奈良・学園前にある素敵なフローリスト ポントガルテン
明るくふんわり撮影するリビングフォト・クレールのスペシャルコラボの
フォトセミナーを開催することになりました。

c0250153_22503293.jpg




奈良ではおしゃれでとても有名なフローリストです。
以前、ポントガルテンさんのお世話でフォトセミナーをさせていただいたのですが、
古いブログの記事を探してみると、なんと2009年



またやりましょうね・・・とお約束して6年も経ってしまったにもかかわらず、
ご縁を繫いでくださっているYUMIKOさんに感謝です。

「学園前」は私が幼い頃から結婚するまでの間
毎週の様にピアノのお稽古に通い、
友人も多く住む懐かしい思い出の場所でもあります。

東京ではちょっと見られないような、
センスの良い豊かな暮らしが垣間見られる
緑に囲まれたお屋敷街にポントガルテンはあります。

地元の近所にそんな素敵な場所があるのをとても誇りに思います。

関西でLIVING PHOTO CLAIREをしっかり学びたい方は是非ご参加下さいませ。

お申し込みはこちら★★★
(6月10日 21:00より一般受付を開始いたします)



c0250153_2251199.jpg



*********************************************
ポントガルテン×リビングフォト クレール フォトセミナー
*********************************************
日時 2015年7月13日(月) 11:00~14:00
(ティータイムを含みます)
場所 ポントガルテン 奈良登美ケ丘本店
費用  16.200円

内容 
一眼レフカメラとミラーレス一眼を使って、
ふんわりと背景をぼかし、明るいイメージのリビングフォトの撮影テクニックを教えます。
フォトジェニックなスタイリングの方法もお伝えします。

ポンテガルテンの美しいブーケやアレンジメントをスタイリングしたり、
店内での撮影を自由に楽しんでいただけるまたとない機会です。

初心者の方にもわかりやすく、そして楽しく学んでいただけるセミナー内容になっています。

一度受けただけで魔法がかかったように写真が変わる!と
ご好評をいただいているセミナーです。

【参加資格】
一眼レフカメラ・ミラーレスカメラをお持ちの方 (コンパクトデジカメでの参加は不可)
背景をふんわり美しくぼかすにはリビングフォトの指定のレンズをご用意いただく事が必要となります。
カメラのメーカー、機種によってお勧めの「指定レンズ」は異なりますので
以下を参照にご用意下さいませ。
貸出レンズはご用意できませんが、とりあえず手持ちのレンズで参加したいという場合も参加いただけます。

Nikon  50mmF1.4 ★50mmF1.8   58mmF1.4  
Canon   50mmF1.4  ★50mmF1.8 50mmF2.8Macro
Sony 50mmF1.4 ★50mmF1.8
Olympus PEN OMD/LUMIX ★Olympus 45mm F1.8   20mmF1.7
PENTAX 50mmF1.4

新しくお買い求めになる場合は★がお薦めです。
お薦めレンズがわからない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

それではお目にかかれますことを楽しみにしています。


今道しげみ
[PR]
# by livingphoto | 2015-06-04 22:49 | ETVENT
いよいよ来週6月1日に行われる京都 臨済宗大本山建仁寺塔頭 両足院での
LIVING PHOTO10周年記念の撮影会。

歴史を重んじながらも、
今なすべきこと、
未来に何を伝えていくのかを真剣に考えていらっしゃる伊藤東凌住職とのコラボイベント。


c0250153_18213567.jpg




ご本人自身は保守的だと思ってるのに、
アーティストに革新的と感じさせる秘めた力を、
私も同じように感じています。


日本の文化が結晶化したような美しい場所で、
まずは座禅で精神統一からの撮影会。楽しみです!
[PR]
# by livingphoto | 2015-05-26 18:21

フォトグラファー今道しげみの楽しく幸せなフォトライフ


by 今道しげみ