<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0250153_10204179.jpg

「インテリア」も写し込んだ昨日のニコンカレッジでの一枚★
さて、新ジャンルからのオファーです。


11月16日(木)10:00~12:30

旭化成ホームズの「ヘーベルハウス豪徳寺」で「はなまねき」のイベントセミナーを開催します。

いつものように、上質な暮らしを彩るリビングフォトの撮影テクニックに加えて、

「花招きの達人のための、最速で身につけるフォトジェニック・スタイリング」をお伝えします。


スマホでの参加もOKですのでお待ちしています







[PR]
by livingphoto | 2017-10-16 10:22 | レッスンスケジュール
c0250153_23533683.jpg

Kazuo Ishiguroの代表作「The Remains of the Day」は非常に思い出深い本なので驚きました。
ロンドン駐在中、隣人で「ママ友」として、6年間とても仲良くしていた文学に造詣が深いイギリス人の友人二コラに、
日本人が書いた素晴らしい小説があると薦められて読んだのが1990年。

オックスフォード大学で仏文学を学んだインテリで貴族の家柄の彼女に、
お薦めの本があったら教えて欲しいと話したら、この本を選んで届けてくれました。

当時流行ったシドニー・シェルダンの「ゲームの達人」という本を買って机の上に置いていたら、
「これは英文学を愉しむような文章の本じゃないから」とも。
そう言われると余計に興味がそそられて、「超訳本」というのを後に読み
二コラの言っていたことがよく理解できました。

彼女とお互いに子供を預け合いながらフラワーアレンジメントスクールに通ったがのが今の仕事の発端でもあります。

二コラのおかげで、私が学校の英語の授業でもなく、英語で一冊読んだはじめての本が「The Remains of the Day」となったのです。
二コラはうちに来るたびに「しおり」の場所をチェックして読み進めるのを励ましてくれました。
主人公が旅をするカンタベリーにも本の情景を思い浮かべながら訪れ、
帰国後に日本語訳「日の名残り」も読み、子育てで行けなかった映画館に久しぶりに足を運んだのもこの映画でした。
主人公は英国のマナーハウスの「バトラー」で、作者が日本人だとは信じがたい文章でしたが、
「日本人的な共通の情感」を尋ねられて、江戸時代の武士のような物語に感じたと答えました。

今日のNHKのニュースで早稲田の先生も同じような感想を言っていて、
心に残る一冊が喝采を浴びた嬉しい知らせでした。

[PR]
by livingphoto | 2017-10-06 00:01
この秋冬限定で新しい単発のイベントレッスン『スマホdeリビングフォト』を11月から4か月間マンスリーでお届けします。
リビングフォト・インストラクターとのコラボセミナーです。

「スマホdeリビングフォト」

第一弾『CooMie♪’s Colour Magic』

11月28日(火)
午前・午後クラスのご案内です。

詳細・申し込みはこちらをご確認ください。



自由が丘のCooMie♪先生はリビングフォトのインストラクターとして今年でなんと10周年!!!!
「取説」を読むのが大好きと公言するオタク気質のCooMie♪先生は私の足りないメカニックな部分を補い「しげみ先生、それは違います!マルマルシカジカですので」と優しく軌道修正してくれる最強の伴走者です 笑

スマホが好き過ぎて?i Phone日本上陸の日に電波を繋がずに「カメラ機能」のためだけに「買いました!」と嬉しそうにしていたのがつい先日のよう 笑

彼女の3日分の超人気プログラムのエッセンスを詰め込んだスマホdeリビングフォト『CooMie♪’s Colour Magic』。

フォトジェニックなスタイリングは私が担当します。

本日より申込受付スタートです。

一眼は上手なのに、スマホは下手という
リビングフォト生はMust goです 笑

c0250153_08355230.jpg


[PR]
by livingphoto | 2017-10-03 08:36

フォトグラファー今道しげみの楽しく幸せなフォトライフ


by 今道しげみ