<   2016年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


募集についてのお問い合わせを沢山いただいていますが


メルマガ「LIVING PHOTO 通信」に登録してくださった方には

いち早く情報を配信させていて頂きます。


今期のLIVING PHOTO BASICの優先受付は終了していますが、


次期以降のBASICの優先受付など、登録をしてくださった皆様には


色々な特典をご用意しています。


近々の予定では

2月CP+ ステージのタイムスケジュール
3月11日(金)LIVING PHOTO CLAIRE&DARK CHIC@Studio AVATTA
4月12・14・15日 クリスタルスイーツフォト

などの募集案内を予定しています。

FBやブログでは出遅れてしまう・・・とご心配な方は是非この機会にご登録下さいませ。


[PR]
by livingphoto | 2016-01-30 00:06 | LIVING PHOTO

c0250153_11531716.jpg

沢山の方からお問い合せをいただいているLIVING PHOTO BASICですが、

日程が決まりましたのでお知らせいたします。


2月2日(火)21:00


LIVING PHOTOHome Page

RESERVATIONで受付を開始いたします。


日程だけ先に発表させていただきます★各クラス8名の少人数クラスです。


LIVING PHOTO BASIC*TOKYO Salon de Sylvieの日程

A 火曜午前 ①4/19 ②5/17 ③6/14  ④7/12  ⑤9/20
B 火曜午後 ①4/19 ②5/17 ③6/14  ④7/12  ⑤9/20

C 水曜午前 ①4/20 ②5/18 ③6/15  ④7/13  ⑤9/21
D 水曜午後 ①4/20 ②5/18 ③6/15  ④7/13  ⑤9/21

午前クラス 10:00~13:00
午後クラス 13:30~16:30
(女性限定のクラスとさせていただきます)


[PR]
by livingphoto | 2016-01-28 11:53
c0250153_09224616.jpg
カメラと写真映像のワールドプレミアショー CP+
パシフィコ横浜で
2016年2月25日(木)~28日(日)に開催されます。

数万人の来場者のある世界最大級のカメラの見本市です。


写真家にとってはCP+に登壇させてもらう事は
「紅白歌合戦出場」ぐらいの最大級のお祭りです。

2010年にCP+がスタートしてから

7年連続出場を果たせた奇跡を
本当に光栄に思います。

詳細はまだ公表できませんが、
私も2月25日(木)と28日(金)に出演が決まっており、
昨年から時間をかけて準備をすすめています。

お越しいただける方は、事前登録をしていただくと入場無料となりますので是非!!!









[PR]
by livingphoto | 2016-01-26 09:23 | レッスンスケジュール
c0250153_09070141.jpg

2016年4月スタートのLIVING PHOTO の中級クラス
Intermediateインターミディエイトクラスの募集中を開始いたしました。

詳細はこちらからご確認下さい★

LIVING PHOTO Intermediate

インターミディエイトはLIVING PHOTO BASICを修了された方のコースとなります。
東京・久我山のSalon de Sylvie以外の公認インストラクターによる
LIVING PHOTO BASICを修了された方も対象となります。

また振替ご希望の方はこちらの日程をご確認の上
ご連絡下さいませ。


1月中に全てのクラスが満席になった場合は
水曜午前クラスも開講いたしますので
ご希望の方も合わせてご連絡下さいませ。

c0250153_09072425.jpg




[PR]
by livingphoto | 2016-01-26 09:07 | レッスンスケジュール
c0250153_08002390.jpg

10年前にはじめたばかりのブログ見ながら、
はじめの半年間の写真に自分の写真のはずなのに『違和感』を感じました。

そして、ある日を境にその違和感がすーっと、なくなっています。
それはなぜか・・・・


ちょうどその頃にフォトショップの使い方を学んで、
色やコントラスト、明るさを自分の感覚にピッタリくるように微調整する技を覚えたから。

その時に学んだフォトショップのテクニックをベースに
LIVING PHOTO BASICでは基本操作を教えていますが、
今期から「大改定」します。

この1ヶ月間、専門書を沢山読み込みながら、検証を繰り返しました。
従来通り、フォトショップ・エレメンツを使うことには変わりありませんが、
クオリティーがあがって、初心者にもわかりやすくなりました。

もう少し先になりますが、
LIVING PHOTOの修了生のみなさんにも
新しいフォトショップのプログラムを復習しながら
学んでもらえるようにプロジェクトを準備中です。

毎回LIVING PHOTO BASICの4回めに行っている
この授業を境に、魔法がかかったように写真が素晴らしく飛躍する生徒が沢山います。
この授業はほぼ3時間を2回、
しゃべり続ける必要があるので、物凄く消耗しますが、
生徒のみなさんがフォトショップで「自分らしい表現方法」をマスター出来るように、限界まで頑張ります♬


c0250153_08001230.jpg


LIVING PHTOOがエキサイトブログの


として紹介していただいています。

[PR]
by livingphoto | 2016-01-19 08:00
エキサイトブログの人気の注目ブロガー


ピックアップブロガーとして紹介していただきました。
c0250153_21192228.jpg


もしブログがなかったら・・・・・

もっとのんびりとしたペースで好きな「お花の先生」を「口コミ」の力で続けていたとは思いますが、
写真家として仕事をしていなかったと思います。

ブログで私の写真を見てくれる人がいなかったら、
こんなに毎日毎日シャッターを切ることはなかったでしょう。

そのぐらいブログは私にとって不可欠なツールです。



ブログをはじめて10年目になります。
特にこのエキサイトブログに移ってからは
「しげみ先生は写真がうまくなった、芸風が変化した」などと噂されたものです。
そのたびに、エキサイトに引っ越したからよ・・・と申し上げていましたが、
グレードアップ出来たのはエキサイトブログのお陰です。


ブログを通じで私の写真を見てくださった全ての皆様へ感謝の気持ちを込めて。

c0250153_21180816.jpg

[PR]
by livingphoto | 2016-01-18 21:19 | LIVING PHOTO
c0250153_10445809.jpg
「日中は仕事をしているから、夜しかお稽古事も、撮影もできないんです」というニーズに応えて「FOOD PHOTO ×ライティング」を教えています。
夜にお花の教室をしていて、作品の撮影もしてあげたいという先生にも応用できると好評です★


LIVING PHOTOでは花は「自然光」で撮影するのを基本にしていますが、夜は夜の良さがあるなと。

ブーケを「竹セット」と私が呼んで教えている方法で撮影してみました。
この方法も昨年、バージョンアップしてから色のレタッチが不要になってとっても楽になりました。
(FOOD PHOTO修了生で、LPL竹セットを持っているのに『札幌電球』を知らないという人は個別にメッセージを下さい)

普通は黒い壁などを背景に仕込むのですが、
室内の照明を完全に落として、闇をバックに。黒い背景やセットを作り込まなくてもダークシックが撮れちゃうということです。

夜は普通の「お花のクラス」ということにしているので、
撮影は「おまけ」ですが、発見がたくさんあって楽しい♥


[PR]
by livingphoto | 2016-01-14 10:49 | LIVING PHOTO FOOD

RAWで撮る★

LIVING PHOTOではJPEGで撮影する指導をしていて、
RAWで撮りたいなら、それぞれの持っているカメラのメーカーのセミナーに行くように言っています。

メーカーによってソフトが違うのと、新しい機種にするたびにアップデートが必要なので、
「全てのカメラメーカーに対応するLIVING PHOTO」のプログラムにとって重荷★
(DPPの指導はCoomie先生が担当しています)


Photoshopでコントロール出来るようになれば、SNSやブログに発信する画像や、
液晶画面やポストカードならFINEと言われるJPEGで十分だと思っています。

それでも、時々襲ってくる?大きくプリントする撮影の仕事の時は別。
NikonのCaptureNX-D
Canon のDigital Photo Professional(DPP)
Sonyの Image Data Converter、
Olympus ViewerにLightroom。


デジタル原始人の私がこれらをキャッチアップするのは本当に骨が折れます。
最新機種のカメラを渡されて、
tiffで納品して下さいと言われると「(プロですから)もちろん大丈夫です」と言いながら、毎回冷や汗。

今年は使う現像ソフトが早くわかっていたので、色々な専門家につまずきそうなところをアドバイスしてもらって何とか乗り切ることが出来そうです。
CaptureNX-Dはコントラストと緑の発色の違いがAdobeRGBのモニターを使っていなくても違いがわかる・・・かな★ 笑


c0250153_10103211.jpg
c0250153_10103705.jpg

[PR]
by livingphoto | 2016-01-12 10:16
c0250153_14521842.jpg
あけましておめでとうございます。


LIVING PHOTO10周年、
Salon de Sylvie25周年をお祝いいただきありがとうございました。


何のために花をいけるのか。
何のために撮るのか。
何のために教えるのか。

私の目的ははっきりしています。
幸せを心から感じ、
感謝の気持ちを伝えるためです。

負の感情を引き起こすような
不幸な出来事は毎日のように起こり、
嫌なことはなかなか忘れられないのに、
楽しい時間は瞬く間に過ぎてしまいます。

だからこそ、愛おしい、美しい、可愛い、美味しい、
と幸せを感じた時間を写真で残したい。

自分自身の幸せな体験を反芻することが励みになることもあります。


美しい花の記憶を写真にとどめるためのにカメラをはじめて20年。
LIVING PHOTOとして教えはじめて10年になります。

私自身がかつて、せっかく一眼レフを買ったのに使い方がわからなくて、
「本当はもっと綺麗なのに」「美味しそうだったのに」「可愛いのに」と
もどかしく残念な思いを重ねていました。

知ってしまうと、
何でこんな事もわからなかったんだろうと、
恥ずかしくなるような事ばかり。
だからこそ、今でも出来るだけわかりやすく、
楽しみを伝える方法はないものかと
探りながらLIVING PHOTOを続けています。


LIVING PHOTOを学ぶと魔法がかかったように
感じた通りの美しさや楽しさをストレートに
表現できるようになると沢山の女性が全国各地から、
時には世界中から私のもとに通ってくださいます。


美しい、楽しいと感じるたびにひたすら撮り、
発信し続けているのは、
幸せでいることを感じ、
感謝を伝えたいから。

今までこのような事を言葉にしてきませんでしたが、
きっと同じ思いを感じて
多くの女性がLIVING PHOTOを学びに
門を叩いてくれているのだと思います。


言葉で伝えるのは気恥ずかしかったり、
自慢に聞こえるんじゃないかと気を使うこともありますが、
写真にはそんな遠慮は無用です。

美しい写真には、人の心を豊かにする
不思議な力があります。

私は好きなものをひたすら撮り続ける事によって、
それまで単なる物質的な幸せだと思っていた事が、
天からの恵とも感じられる自然への感謝だったり、
それらに関わった多くの人たちのお陰だということに
気付かされ、そこから沢山のエネルギーをもらっています。


2016年も健康に気をつけながら、
私を支えて下さる大切なみなさんに感謝の思いを込めながら
花を束ね、
写真の楽しさを伝えていきたいと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

LIVING PHOTO主宰  
 今道しげみ




[PR]
by livingphoto | 2016-01-02 15:05 | ライフスタイル

フォトグラファー今道しげみの楽しく幸せなフォトライフ


by 今道しげみ