<   2013年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

c0250153_2331285.jpg


LIVING PHOTOのFOOD PHOTOの新規プログラムが無事に終了しました★

フードを被写体としたLighting方法を学んでいただくとともに、
特に力を注いだのはフードスタイリング。


DARK CHIC . GRAY CHIC . SHABBY SIMPLEなど、
15項目のスタイリングカテゴリーに分けて撮影実習をしてもらいました。


準備をするのも毎回ワクワクしました。
沢山の皆さんにサポートしてもらいながらの半年間、一番楽しみ最も学ばせてもらったのは私だと思います♪

全てのクラスのアシストをしてくれたCoomieさんと
ブレーンのKazukoさんに感謝♡ 


9月からの新しいFOOD PHOT0のクラスも、さらにブラッシュアップしながら頑張りま~す!!!



c0250153_2342766.jpg




c0250153_2312139.jpg

[PR]
by livingphoto | 2013-08-30 23:12
c0250153_2221234.jpg



私が世界一美味しいと思っているChihiroちゃんのシュークリーム。
カリッとした質感が伝わるようなライティングとスタイリングにしてみました。


Food Photoのプログラムを作るのに、いったいどれだけの書籍を読んだか・・・・・
それぞれ違うな~~~とは思っていましたが、アシスタントのCoomieさんがこの夏、色々なプロカメラマンの元で研修を受けて、同じような感想をもらしていました。

彼女には色々な事を確認出来るので、アシスタントと言うより家庭教師★

まずは、自分で満足できる写真であることは譲れないのですが、
私の優先順位は素人でも「これならできるかも」って楽しみの幅を少しづつ広げてもらう「方法」を考える事★


c0250153_719725.jpg


Chihiroちゃんのタルト。
生地に栗の粉が入っていて、タルト好きのワタシ、しびれました★
プレミアムクラスは「FOOD PHOTO研究会」みたいなもの。
私のFOOD PHOTO修行にも付き合ってくれた大切な皆に感謝です♡
皆に喜んでもらうにはど~したいいかな~って考えながら作ったFOOD PHOTOのプログラムです。



c0250153_22221196.jpg




ミニマムライティングで撮影したロールケーキ。
APSC+50mmで「絵になる写真レッスン」のためにロールケーキを撮影した時にはさほど気にならなかったのですが、FULL SIZE+50mmだと、ケーキの後ろの方が細くなっていく気がしたので、105mmに付け替えて撮影しました。圧縮効果で落ち着きました。ロールケーキって難しい(汗)


c0250153_22545635.jpg

[PR]
by livingphoto | 2013-08-29 22:31 | LIVING PHOTO FOOD
c0250153_1516696.jpg




「ポートレート撮影」の勉強のために自ら実験台に★
資生堂フォトスタジオで撮ってもらいました。

ナチュラルなポートレートというのも悪くないとは思うけれど、
女性なら誰でも一度は撮ってもらいたいと思う「モデル仕立て」。


カメラマンがポージングを「指導」してくれるのだけど、難しかった~(汗)

思いっきり笑っても、ライティングでシワは何とかなる。
腕の太さが強調されるこのポーズだってレタッチで何とかなる。

と自分に言い聞かせて頑張りました。



資生堂だからフォトジェニックに魅せるメイクのテクニックは超一流!!





普通の写真家はまず考えないことだとは思うのですが、


自分の体を預けて、自らを「素材」として関わる事が出来るのが
実に面白い!


フラワーデザイナーだと、自分が「花」になって誰かに活けてもらう事はできないし、
料理研究家だと、自分が「食材」になって調理されることもできない訳で・・・・・

昔、CAをしていた頃、他のエアラインにお客として乗ってワクワクした感覚が蘇る。
そんな感じ★


「素材」になってみてわかったことも沢山あったから
夏休みの自由研究は大成功(笑)




さあ、この写真、何に使おうかな?
[PR]
by livingphoto | 2013-08-18 15:33

with Love

c0250153_6533895.jpg



写真は心の目。


撮った写真は、
自分にとって大切に思っている事や、
好きなものを教えてくれる。


たとえ、そこに描かれていなくても、
映っていなくても、
感じることだってできる。
[PR]
by livingphoto | 2013-08-15 06:57
c0250153_214558.jpg



メイクの力って凄いわぁ~~~★

資生堂フォトスタジオで。

どんな風にメイクしましょう?と聞かれて、
「劇的ビフォーアフターで、誰だかもはやわからなくってもいいですから・・・」と。

カメラマンには「美人カリスマ写真家風」でオーダーしてみました。
一緒に写ってるのは、カメラマンの高田君。
この直前まで私にさんざん「肩の力抜いてぇ~~」って言ってたのに、ガッチガチ(笑)


写真のデータが届くのが楽しみ★
[PR]
by livingphoto | 2013-08-14 21:50
日帰りとは思えないほど充実した名古屋、大人の遠足
 
各ポイントに素敵男子を周到に配備し、
早朝のゲリラ豪雨をはねのけてエスコートしてくれた、KAZUKOちゃんと、ジミィーさんに感謝♡


城好きのユッキーのお伴で、まずはイケメン武将を確保★
名古屋城おもてなし武将隊の元気&前田慶次どの470才


c0250153_11392216.jpg




c0250153_13434797.jpg




望遠レンズを持って来れば良かった・・・と後悔しながらも、
本物のイケメンを目の前にすると恥ずかしくて、
ガシガシ撮影する勇気もないワタシですが(汗)
とりあえず記念撮影★
EOS KISS X7を直前に買って参戦してくれたCoomie先生。
売れっ子MCで忙しいのにTOMOKOさんも来てくれて嬉しい~~♪



金のシャチホコに乗ってさらに気をよくし・・・・・・


c0250153_1141653.jpg



次なるターゲット?は
イタリアンレストラン Da-Carloのピザ職人ダリオ♡
kazukoちゃんはこちらのオーナー夫人でもあります。


c0250153_11511034.jpg




c0250153_11534472.jpg




c0250153_1154177.jpg




c0250153_11542546.jpg




お食事のあとは、
KazukoちゃんのSTUDIO KAWAIIにて撮影会★


c0250153_12036100.jpg




ジミィーさんは、ピンクのお洋服でしたが、
ワタシがフォトショップでブルーにお着替え!?
元CAのセレブマダムMIHOちゃんもお美しい。


c0250153_1205625.jpg




ホワイトバランスをいじってさらに爽やかに。



c0250153_13472121.jpg




Kawaii Styleのアイスキャンディー。
スタイリスト・カズコは、もう尊敬の域。


c0250153_13502050.jpg




c0250153_1351577.jpg




昨年、二度もクルージングをさせてもらったので、
ここで失礼しようか・・・・とも頭をよぎりましたが、
帰らなくてよかった~~~~


c0250153_13545366.jpg



きもちいい~~



c0250153_13584328.jpg



船好きなおちゃん興奮中


c0250153_1402483.jpg



そして、素敵なCaptain TAKASU


c0250153_1359255.jpg



ビールを飲んで、まったりしていたら
飛行機まで配備されていて慌てる(汗)


c0250153_1421595.jpg



新幹線で「しら河」のひつまぶし弁当を食べて幸せ。


楽しいLIVING SOTO 名古屋ツアーでした★
[PR]
by livingphoto | 2013-08-13 14:17
c0250153_11115837.jpg


箱根 彫刻の森美術館でPENTAX Q7を使ったフォトセミナー★

台湾の作家 Hung Yiの楽しげな作品が沢山飾られていました。


この美術館のエントランス近くにあるロダンの「文豪バルザック」は
具象と抽象の中間にあたる作品で、彫刻の歴史的価値も。
こちらの美術館で一番古いものの一つなのだそうです。
作品に力がありすぎて、撮影はとても難しく・・・・・(汗)

この彫刻をロダンに発注した、フランスの文豪家協会も「溶岩みたい・・」と
一時は受け取りを拒否したというエピソードも。
だから「溶岩」に見えれば合格?



c0250153_11252951.jpg




解説を聞きながらだと、撮影も面白い・・・・・と
参加者の皆さんもおっしゃっていました。


フローレンス商会さんが素敵に紹介して下さっています★



c0250153_11262179.jpg




代表作、ヘンリームーア。
ブロンズのギラッとした質感さえ伝わればな・・・・


c0250153_1128966.jpg




普段は立ち入り禁止のエリアからのアングルも。




c0250153_11355796.jpg






この美術館の彫刻は、メンテナンスが徹底されていて、
屋外に展示されている事を忘れてしまうぐらい
ぴかぴかで美しい★

雨風よりも、人が触るのが一番ダメージが大きいのだそうです。


c0250153_11324288.jpg






皆さんと楽しい時間を過ごせました。
心を尽くして下さった関係者の方々に感謝です。
[PR]
by livingphoto | 2013-08-05 11:37
c0250153_1555855.jpg


箱根 彫刻の森美術館で
開園直後から子供たちが駆けつけて人気なのが
色の美しい「ネットの森」

ここで子供たちを撮ると、
とっても可愛らしく、フォトジェニックに撮れるので
一眼レフを持ったお母さんも沢山います。

スケール感を出すために、
可愛い足を出した瞬間を撮ってみました★

c0250153_15524818.jpg




私が写真表現で特にこだわりがあるのが「色表現


PENTAXはデジタルフィルターカスタムイメージスマートエフェクトが充実しているのが魅力。

あまり知られていないのが残念でならないのですが、
色や質感にこだわったフィルターを合計すると30種類以上もあります。


色が綺麗~~~♪と思ったものはポップチューンで★


選び損ねて、ナチュラルで撮ると残念なことに・・・・・



c0250153_15543066.jpg



PENTAX Q7は光で絵を描く道具だから
筆を間違えちゃダメ★
[PR]
by livingphoto | 2013-08-04 15:58 | LIVING SOTO
c0250153_14415619.jpg



箱根 彫刻の森美術館

ペンタックスリコー フォトフェスタ
彫刻のある風景2013


(9月30日まで開催)


のイベントの一つとして、
新しく発売されたばかりのPENTAX Q7を使った
写真教室の講師を担当させていただきました。


FBでは浴衣を着て、ご馳走を食べて、温泉に入って、写真を撮って、楽しそうな休日ね。。。と
思われていたかもしれませんが、仕事です。


沢山の方に参加していただき無事に終了しました。



PENTAX Q7を使って、彫刻を撮る・・・というテーマなので
いつものLIVING PHOTOの撮り方解説に加えて

デジタルフィルターとカスタムイメージというPENTAXならではの魅力的なモードと、
露出補正の簡単な解説をして撮影をスタートしました。


彫刻への理解を深めるために
学芸員の話を聞きながらアーティスティックな写真表現を目指すという
アカデミックな内容を気軽に楽しく★


こんな感じのロケーションです。



c0250153_14503017.jpg




皆さんの興味を引いたのは、
フジテレビ関東ローカルの天気予報で見覚えの写真後方のこちら。

講評会では参加者の皆さんの美意識の高さに主催者の男性陣も驚いていました。
これを黒の彫刻部分さえ黒くつぶして、赤の部分だけを浮かび上がらせる
GRファンの若くてかわいらしい女性や、フィッシュアイを使って螺旋感を強調させた強者も★


c0250153_14544652.jpg



大理石の美しいジュリアーノ・ヴァンジの彫刻も
まずは解説を聞き、
360度鑑賞しながら。


c0250153_14555774.jpg




普通はこんな感じだと思うのですが、
PENTAX Q7で、大理石の持つ冷たさと重厚さと美しさを
デフォルメしてみました。



c0250153_14594288.jpg





カスタムイメージ=リバーサルフィルム

デジタルフィルター=ハイコントラスト

露出補正 -1.7

(レンズ 01 standard prime Pモード  WBオート  ISOオート)

で撮ると、
こ~んなにかっこ良くなっちゃいます★
今回のお気に入りの一つ♪



c0250153_153346.jpg
 



風景や廻りで撮影している人たちだって消えて
「主題」がはっきり浮き上がらせるのが狙い。



c0250153_155915.jpg




この調子で★


c0250153_1553477.jpg





c0250153_1561140.jpg




光で絵を描く感じかな★

Q7はQ10よりもセンサーが大きくなった分、画質が飛躍的に良くなって、
大きくプリントしてみたらその魅力がさらに引き出される感じでした。

小さくてかわいいのに凄いカメラであることは間違えなし。
[PR]
by livingphoto | 2013-08-04 15:30

アイロニーのブーケ

c0250153_13582758.jpg



男性から花束をもらうのは初めてではないけれど(自慢)
今を時めく青山と芦屋のフローリスト、アイロニーの谷口さんのブーケは特別。


最近、めでたくシングルに帰り咲いた悪友が、
次に付き合うなら谷口さんがいい~~!!!と最近の飲み会の席で
力説していた訳がよ~くわかりました(笑)


彼のブーケは美しいだけでなく、香も♡♡♡
朝、水を取り換える時に、思いがけず癒されました。



撮影する時に、ブーケをそのまま・・・・・という人も多いと思いますが、私はフォトジェニックになるように入念に花の位置や向きをチェックして整えます。「フォトジェニック剪定」「レンタルフラワー」「開花フォト」・・・・とあの手この手(笑)

花を触れる度に、ミントやローズゼラニウムの香りに癒されます。
写真で爽やかな香りも一緒に届けられるといいのにね~~~★
[PR]
by livingphoto | 2013-08-01 14:05 | Bouquet de Photo

フォトグラファー今道しげみの楽しく幸せなフォトライフ


by 今道しげみ