カテゴリ:LIVING PHOTO ( 102 )

長岡花火 2017

5分走れば取に帰れたのに、「まあ、いいっか」とスマホを持たずに出かけた2泊3日新潟の長岡花火撮影旅行。
2回目の花火撮影★もう少し余裕が出るかと思ったら、さらに緊張。奥深い世界です。
高抽選倍率のカメラマン席を当ててくれた花火王子との火遊び、くせになりそう~~~~~

c0250153_15530314.jpg

平和への祈りを込めた長岡の花火。
全長2.8キロの壮大な花火は、レンズにも視界にも入り切らない、
天から降ってくるような迫力。
何度見ても涙が止まらないほど感動。

c0250153_15544542.jpg
正三尺玉三連発&ナイアガラ 
慰霊と復興祈願、平和への祈りを込めて打ち上げられました。

直径が650m 爆音が胸にズドンと響きます。
昨年はどんな大きさに打ち上げられるのかわからずにフレームアウト。
2度目の今年は、月も、ナイアガラも入れる余裕ができたな===
c0250153_15553451.jpg
長岡花火は慰霊と復興祈願、平和への祈りを込めて打ち上げられます。
2日間で2万発 来場者数は102万人だったそうです。
花火王子のおかげで、2年連続、そして2夜連続で撮影した甲斐あって花火のプログラムも少しわかるようになってきました。

両隣で撮影している地元の人は、プログラムどころか、誰それさんが作った花火だの、ピントを合わせるために距離を実測した地図を持っていたり、
プログラムによって露出を変えたり。。。。私はそのお隣さんたちが、横位置なのか縦位置なのかを盗み見するのが精いっぱい 汗 
これは5基で打ち上げる「スターマイン」だから当然横位置でしょ~~~と来年なら偉そうに言っちゃうかも?

c0250153_15565721.jpg

花火を撮りに行って、なんとも残念なのが「けむり」の存在。

火薬ですから当然派手に打ち上げればそれだけモクモクしてきます。
後半は撮影条件が厳しくなってきますので、前半が勝負になります。
やっと打ち上げの方向感や露出をつかみかけた頃に煙が・・・という事になります。
いい時に人影が~~~というのもありがち。長岡花火も1日目は風が弱くて条件は良くありませんでした。
風が強すぎても花火の形が崩れてしまいますから、ちょうどよい風が吹くことを祈るしかありません。


c0250153_15581423.jpg


普通なら手を出さないレベルの画像ですが、RAW現像する際に、「ハイライト」「シャドウ」「白レベル」「黒レベル」「明瞭度」を調整したら使えることも。

c0250153_15583990.jpg



3枚目もやってみましたが、全然ダメでした。自然が相手ですから難しいですね。

c0250153_15585755.jpg

ほぼはじめての花火の本を出そうと準備中です。
昨年、「はじめて」の勢いで出そうと原稿も準備していましたが、
さすがに画像が足らず、
今年はリベンジというよりは、書いた方法で大丈夫なのか実証するための撮影をしました。
ほぼ大丈夫そうなので
出せたらまたご案内します★




  




[PR]
by livingphoto | 2017-08-10 16:01 | LIVING PHOTO
c0250153_11451100.jpg
なりたい自分になれましたか?
劇的に変わる・・・・という奇跡が頻発するのがリビングフォト。
一年間、写真に向き合った生徒を集めた最後の授業。

「まわりの人に写真をほめられるようになって嬉しい」
「短期間でこんなに上手になったんだから、もっと続けたい」
「先生が好きです、はなれたくない」とまあ色々な告白 笑

美しく、美味しく、幸せな時を写した写真は、これから皆さんが接する人たちへのギフトになります。
わたしにとっては素敵な皆さんと出会えたことが何よりの宝物。
皆さんがますます輝くように私も伴走しますね!!!!

c0250153_11460228.jpg

c0250153_11462016.jpg



[PR]
by livingphoto | 2017-07-22 11:47 | LIVING PHOTO
日本三大バラ王子筆頭格と言えば、
和バラで有名な、滋賀県のローズファームケイジの國枝健一さん。

薔薇王子のためのMEN'S LIVING PHOTOに
和バラのブーケを手に滋賀からお越しくださいました。




c0250153_11361496.jpg



今回ツーショットを撮り忘れたので、
一昨年来てくださった時の写真です。



c0250153_11552136.jpg
感性豊かで、ビジネスセンスも高いバラ王子との会話は
私もたくさんの刺激をもらいます。

c0250153_12100164.jpg



彼は日本だけではなく、グローバルマーケットを視野に入れてこの数年動いています。
私も香港とロンドンのフラワーマーケットで12年も花に携わってきましたが、
「和バラ」は必ずいけると思っています★



日本でのバラの流通にも新しいシステムを導入するらしく、
今注目されているバラの6次産業化。とにかく目が離せないバラ王子です。



感性豊かな彼が「SOLIDなイメージの写真を撮りたい」という要望でしたので、
明るくて、やわらかな和バラにマッチングするか半信半疑でトライしてみたらこの通り。
かなり良い感じ!!!!!!
SOLID=固体 硬い かっこいい というイメージです。



こういうスタイルの写真は数年前はちょっと早いかな・・・・と思っていましたが、
今だからこそ時代のタイミングと合うのだと思います。
ナチュラルな色の美しさには固執しますが、
かっこいいな~~~という感じ方は時代によって少しづつ変化します。





c0250153_11475705.jpg



c0250153_13280463.jpg





ローズファームケイジの新しいバラの圃場が、
秋にオープンします。
今、そこで働く人を募集中です。




京都から電車で30分ほど行った「守山」の駅には
すでにWABARA CAFEがオープンしています。
他には何もないところですが、
自然光が美しく、シンプルでスタイリッシュなカフェは、可愛いものに目がない多くの女性ファンを惹き付けて、
インスタでもブレイク中です。

育てるだけではなく、魅せることも兼ね備えて新しい圃場がオープンすれば
さらに多くの人を引き寄せるでしょう。

私も時期が来たら「LIVING PHOTO 薔薇遠足」を企画しますね★

c0250153_13254297.jpg




[PR]
by livingphoto | 2017-03-26 09:36 | LIVING PHOTO
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

c0250153_17530679.jpg

幸せと感謝と希望を繋ぐLIVING PHOTO


私は家族をはじめ、
身近にいて支えてくれる人に恵まれ、
その「強い絆」がエネルギーとなり、
そこから生まれる安心感が幸福の源となっていますが、
見落としてならないのが「緩やかな絆」です。


昨年はこのエキサイトブログの「プラチナブロガー」になったことでPV数が伸び、
日常的に更新しているFacebookでは約4000人の「友達」と「フォロワー」、
海外の人との接点も感じられるInstagramでは約1500フォロワー、
アテニア化粧品のカレンダーが200.000部も発行されました。

多くの皆さんに私の写真を見てもらえたと思うと
嬉しいような、恥ずかしいような
気持ちになるのですが、
日々の励みになっていることは確かです。

SNSでの発信は、商業的な側面も持っていますが、
この「緩やかな絆」こそが
私に生きる希望を与え続けてくれています。


多くの人とのつながりがなければ
こんなにたくさんのシャッターを切ることもなかったでしょうし、
粛々と「伝える」仕事を、こんなに長く続けてこれなかったと思います。


今年も感謝の気持ちを込めて、


たくさんの美しい写真を撮って
たくさんの素敵な皆さんに
たくさんの希望をお届けしたいなと思っています。


幸せと感謝を伝えるLIVING PHOTOに
「希望」を繋ぎます。


2017年も、どうぞよろしくお願いいたします!!!!!

LIVING PHOTO
今道 しげみ


















[PR]
by livingphoto | 2017-01-02 18:01 | LIVING PHOTO

I wish you a Merry Christmas!!!

I wish you a Merry Christmas!!!!!!


c0250153_13000311.jpg

[PR]
by livingphoto | 2016-12-25 13:00 | LIVING PHOTO


c0250153_17104809.jpg

シリアルナンバー 253/300
ギリギリ間に合いました!すでに完売★
売り切れたって聞くと、
うふふふ~~~うらやましいでしょ~~~~


代官山で「文具を撮るためのLIVING PHOTO BASIC」のコラボレッスンをしているアナウンサー堤信子さんプロデュースの万年筆です。

今日届いたJALカードの会報誌AGORAにも大きく掲載されています。



思いを綴り実らせるラッキーアイテム。
夫からの一足早いクリスマスプレゼントです。


この万年筆の到着を待って、「大好きでした」という内容のラブレター?を便せん7枚にしたためています!!!

のんちゃんプロデュースの万年筆RECOLTは、金色の麦とホップのデザイン、ビールの泡を思わせる品の良いラメ。

ブラウンのインクもセットになっています。

デザインも素晴らしいのですが、しばらく書かなくても、

スムーズにインクが出る最新技術も搭載されているのだそうです。


中学の社会科の松村先生83歳へのお礼状を書いています
わたし、かなりの「問題児」でしたから 汗



[PR]
by livingphoto | 2016-12-04 17:12 | LIVING PHOTO
c0250153_18082771.jpg


12月のフォトセミナーに設定したKey Wordはたくさんあります。
そのひとつのテーマは「玉ボケ Unfocused lights」。

この時期になると生徒の皆さんから、
イルミネーションの撮り方を必ず聞かれるので、テキストも用意しています。

そのために準備したと言っても良いのが2メートルの生のクリスマスツリー★★★

フェイクだと安っぽく見えるので、「生」です!!!

そうしてもう一つ忘れちゃいけないのは、干支のBird!!!!

c0250153_18014630.jpg


[PR]
by livingphoto | 2016-12-03 18:02 | LIVING PHOTO
昨日Nikon新しい一眼レフカメラ D5600が発売になりました。

特筆すべきはNikonのフラッグシップ機D5とD500と同じくSnap Bridge
が搭載されていることです。

カメラとスマートフォン/タブレット端末がシームレスに常時接続されて、
FBやインスタグラムにアップする障壁がまた一段低くなりました。


生徒の皆さんにカメラから画像の取り込み方法を直接聞いてみると、
カメラにWi-Fiで転送する機能がついていない人も、Flash AirなどのSDカードを使用している人が半数以上。

「SnapBridge」は、Bluetooth® low energyテクノロジーによって、
消費電力を抑えながらカメラとスマートデバイスのシームレスな接続を実現しています。

「送る」手間を省けるので、一眼レフで撮影した画像を気軽にシェアできるのが魅力です。

世界的に権威のある写真・映像関連の賞「TIPA AWARDS 2016」を受賞している注目のアプリです。


D5600のもう一つの魅力は何といっても、小型軽量化!!!!
高性能のままサイズが一回り小さくなってお出かけには本当にうれしい。


先週、D5600を使って、
京都で紅葉を撮影しました。

LIVING PHOTO生に今一番おすすめのカメラです。

c0250153_10521600.jpg


[PR]
by livingphoto | 2016-11-26 10:55 | LIVING PHOTO
c0250153_16523697.jpg





いつかは自分の写真集を出してみたい・・・・
そう思ったことはありませんか?

私自身、かつてそういう願いと野望を密かに抱きながら写真を始めたひとりです。
いつか、どこかの出版社から「本を出しませんか?」と声がかかったらいいのにな~と。

一眼レフを買って自分のフラワーデザインの写真を撮りはじめ、
ポストカードにして生徒に配り、
ブログに写真を載せて2年目に出版社から声がかかりました。
当初の野望とは違って「写真の撮り方」の本でしたが、
フラワーデザイナーとしてスタートして実に17年もかかりました。

紙の本の出版事情はますます厳しくなってきていますが、
AmazonのKindleという「電子書籍」の出現により、
出版したいという意志さえあれば、必ず夢を現実化できるようになりました。
今だからこそできる、そんな恵まれた手段を使わない手はありません。

リビングフォトでは、出版の願いを叶える
というプログラムを提供しています。

12月1日(木)Dreamy Photo Book
セミプライベートレッスンを開催いたします。
ご希望の方はメール、またはFBのメッセンジャーにてご連絡ください。

sdsylvie@yahoo.co.jp

各クラス 各1~2名 
(予約がお一人の場合は1時間半のセッションとなります)
10:00~12:00
13:00~15:00
15:00~17:00

参加費 2.1600円(消費税込み)

講師 今道しげみ

持ち物  写真データ 30~50枚
     サムネイルまたはポストカードプリント  
     PC
     仮タイトル
   
★特典 12月21日からの無料ダウンロードに参加される方はLIVING PHOTO AP登録料5.400円と審査を免除

★12月1日以外の日程をご希望の方は個々にお問合せ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電子書籍の出版のノウハウについては、アトリエリブラの高橋貴子先生に
強力にサポートしてもらっています。
Dreamy Photo Bookで編集した写真データを持って参加すると
その日のうちに出版可能です!!!!!

12月5日 大阪

12月8日 横浜



に電子書籍セミナーが開催されます。

是非!!!!!!










[PR]
by livingphoto | 2016-11-08 16:53 | LIVING PHOTO
c0250153_17540750.jpg




法政大学 キャリアデザイン学部 五月女先生のキャリア体験学習で、授業を担当させていただきました。
田中研之輔准教授をはじめ「教育」への情熱的な思いを持つ教師に出会えた彼らは
とても幸せだなと羨ましい。

ニコンから20台の一眼レフ D5500を貸し出してもらい、実習もしました。



いつもの「ブーケ」を撮る方法だけではなく、
撮影という一種のコミュニケーションで、学生同士の距離感を縮めたいという学生からの要望もあり
ポートレート撮影を指導。

c0250153_17543935.jpg

「今の君たちの最高の笑顔を未来に残したい」と

カメラの設定に始まり、
この授業のために、直径1メートルの新しいレフ板も5枚準備して
光の使い方を伝えました。

今までカメラに関心がなかったけれど
興味が湧いてきたというメッセージもたくさんもらって
少しは役に立てたかな。


c0250153_17545707.jpg
いつもは、一緒に撮るなんていやだ~~~と同学年の息子に逃げられてばかりですが、
男子学生に「一緒に撮ってください」と言われて、ウルっときちゃいました 笑


c0250153_17532126.jpg

熱心に準備を進めてくれた
加藤さん、椿さん、山下君

授業中の撮影をしてくれたリビングフォト生の直子さん

ありがとうございました!!!!

c0250153_17534407.jpg









[PR]
by livingphoto | 2016-10-29 00:25 | LIVING PHOTO

フォトグラファー今道しげみの楽しく幸せなフォトライフ


by 今道しげみ