c0250153_23433787.jpg


今道しげみトークショーのお知らせです★

新宿のリビングデザインセンターOZON
12月9日(土)13:00~14:00
『花で彩る住まいと暮らし*クリスマスのフォトジェニックスタイリング
 60名 無料
お申込みが始まっています。
お席が埋まるペースが速いと思いますので
お急ぎくださいませ★
だって、私の次の登壇(15:30~17:00)は、日本三大バラ王子 和バラの健一君ですから 笑
両方いっぺんにどうぞ~~~~~

[PR]
# by livingphoto | 2017-11-16 23:45 | ETVENT

c0250153_10204179.jpg

「インテリア」も写し込んだ昨日のニコンカレッジでの一枚★
さて、新ジャンルからのオファーです。


11月16日(木)10:00~12:30

旭化成ホームズの「ヘーベルハウス豪徳寺」で「はなまねき」のイベントセミナーを開催します。

いつものように、上質な暮らしを彩るリビングフォトの撮影テクニックに加えて、

「花招きの達人のための、最速で身につけるフォトジェニック・スタイリング」をお伝えします。


スマホでの参加もOKですのでお待ちしています







[PR]
# by livingphoto | 2017-10-16 10:22 | レッスンスケジュール
c0250153_23533683.jpg

Kazuo Ishiguroの代表作「The Remains of the Day」は非常に思い出深い本なので驚きました。
ロンドン駐在中、隣人で「ママ友」として、6年間とても仲良くしていた文学に造詣が深いイギリス人の友人二コラに、
日本人が書いた素晴らしい小説があると薦められて読んだのが1990年。

オックスフォード大学で仏文学を学んだインテリで貴族の家柄の彼女に、
お薦めの本があったら教えて欲しいと話したら、この本を選んで届けてくれました。

当時流行ったシドニー・シェルダンの「ゲームの達人」という本を買って机の上に置いていたら、
「これは英文学を愉しむような文章の本じゃないから」とも。
そう言われると余計に興味がそそられて、「超訳本」というのを後に読み
二コラの言っていたことがよく理解できました。

彼女とお互いに子供を預け合いながらフラワーアレンジメントスクールに通ったがのが今の仕事の発端でもあります。

二コラのおかげで、私が学校の英語の授業でもなく、英語で一冊読んだはじめての本が「The Remains of the Day」となったのです。
二コラはうちに来るたびに「しおり」の場所をチェックして読み進めるのを励ましてくれました。
主人公が旅をするカンタベリーにも本の情景を思い浮かべながら訪れ、
帰国後に日本語訳「日の名残り」も読み、子育てで行けなかった映画館に久しぶりに足を運んだのもこの映画でした。
主人公は英国のマナーハウスの「バトラー」で、作者が日本人だとは信じがたい文章でしたが、
「日本人的な共通の情感」を尋ねられて、江戸時代の武士のような物語に感じたと答えました。

今日のNHKのニュースで早稲田の先生も同じような感想を言っていて、
心に残る一冊が喝采を浴びた嬉しい知らせでした。

[PR]
# by livingphoto | 2017-10-06 00:01
この秋冬限定で新しい単発のイベントレッスン『スマホdeリビングフォト』を11月から4か月間マンスリーでお届けします。
リビングフォト・インストラクターとのコラボセミナーです。

「スマホdeリビングフォト」

第一弾『CooMie♪’s Colour Magic』

11月28日(火)
午前・午後クラスのご案内です。

詳細・申し込みはこちらをご確認ください。



自由が丘のCooMie♪先生はリビングフォトのインストラクターとして今年でなんと10周年!!!!
「取説」を読むのが大好きと公言するオタク気質のCooMie♪先生は私の足りないメカニックな部分を補い「しげみ先生、それは違います!マルマルシカジカですので」と優しく軌道修正してくれる最強の伴走者です 笑

スマホが好き過ぎて?i Phone日本上陸の日に電波を繋がずに「カメラ機能」のためだけに「買いました!」と嬉しそうにしていたのがつい先日のよう 笑

彼女の3日分の超人気プログラムのエッセンスを詰め込んだスマホdeリビングフォト『CooMie♪’s Colour Magic』。

フォトジェニックなスタイリングは私が担当します。

本日より申込受付スタートです。

一眼は上手なのに、スマホは下手という
リビングフォト生はMust goです 笑

c0250153_08355230.jpg


[PR]
# by livingphoto | 2017-10-03 08:36
c0250153_11480351.jpg



「写真は世界の共通語」

LIVING PHOTOには英語や中国語、フランス語がネイティブという生徒さんも今までも複数いらっしゃいます。
もちろん日本語もネイティブレベル。

LIVING PHOTOのKindleも試験的に英語版にして、英語翻訳のリビングフォトテキストもあります。
何年か前に出版されたLIVING PHOTOの書籍の中国語版がありますので、必要に応じて使っています。

昨日いらっしゃったHinakoさんが、自己紹介で「ずっと英語だと言われきましたが、
今では『写真』こそが世界の共通語だと思います」とおっしゃったのを聞いて嬉しく思いました。

私が言うと英語ができない人の負け惜しみに聞こえますが、Instagramの世界はまさにそのもの。

平和で、美しく、幸せな写真の世界がますます広がる事を願いながら今日もLIVING PHOTO!!!!!

[PR]
# by livingphoto | 2017-09-30 11:48 | LIVING PHOTO

何を撮らないか

c0250153_12461711.jpg


何を撮らないか。

これは私の「色」ではない、
これは私の「かたち」ではないと感じた物は撮らなくていい。
そう感じたものは思い切って切り捨てていく。


これまでそうやって進んで来た。


そろそろ花が恋しいけれど、もう少しだけ寄り道。


[PR]
# by livingphoto | 2017-08-17 12:46 | ライフスタイル

人生は引き算★

c0250153_12425849.jpg




人生は引き算★

好奇心いっぱいで、あれもこれもと欲張りな私がたった一つの事だけを細々とやり抜いて写真という広い世界にたどりつけたのは、
家族のおかげ。

息子が婚約して特に最近、「すべてを手に入れた人で憧れます。」と言われます。

しかし、私の感覚は真逆。

遊びたい盛りの25歳で家族が出来たと同時に引き算の人生がはじまったからです。

自分らしくいられる隙間の時間に、それまでのようにあれも、これも詰め込めなくなりました。

引いて、引いて、これだけは何としてでも譲れないという事だけを残しやり抜く。

隙間ほどしかない時間だから、多くの人が競争する場所に居場所はない。

自分にしかできない隙間をみつけて進み続ける。
フラワーデザイナーが珍しかった時代が終わり、
もう一度自分にしかできない狭い道をと舵を切って入り込んだ写真の迷宮。

楽しい場所に辿り着けた幸運に感謝です。

[PR]
# by livingphoto | 2017-08-17 12:43 | ライフスタイル

長岡花火 2017

5分走れば取に帰れたのに、「まあ、いいっか」とスマホを持たずに出かけた2泊3日新潟の長岡花火撮影旅行。
2回目の花火撮影★もう少し余裕が出るかと思ったら、さらに緊張。奥深い世界です。
高抽選倍率のカメラマン席を当ててくれた花火王子との火遊び、くせになりそう~~~~~

c0250153_15530314.jpg

平和への祈りを込めた長岡の花火。
全長2.8キロの壮大な花火は、レンズにも視界にも入り切らない、
天から降ってくるような迫力。
何度見ても涙が止まらないほど感動。

c0250153_15544542.jpg
正三尺玉三連発&ナイアガラ 
慰霊と復興祈願、平和への祈りを込めて打ち上げられました。

直径が650m 爆音が胸にズドンと響きます。
昨年はどんな大きさに打ち上げられるのかわからずにフレームアウト。
2度目の今年は、月も、ナイアガラも入れる余裕ができたな===
c0250153_15553451.jpg
長岡花火は慰霊と復興祈願、平和への祈りを込めて打ち上げられます。
2日間で2万発 来場者数は102万人だったそうです。
花火王子のおかげで、2年連続、そして2夜連続で撮影した甲斐あって花火のプログラムも少しわかるようになってきました。

両隣で撮影している地元の人は、プログラムどころか、誰それさんが作った花火だの、ピントを合わせるために距離を実測した地図を持っていたり、
プログラムによって露出を変えたり。。。。私はそのお隣さんたちが、横位置なのか縦位置なのかを盗み見するのが精いっぱい 汗 
これは5基で打ち上げる「スターマイン」だから当然横位置でしょ~~~と来年なら偉そうに言っちゃうかも?

c0250153_15565721.jpg

花火を撮りに行って、なんとも残念なのが「けむり」の存在。

火薬ですから当然派手に打ち上げればそれだけモクモクしてきます。
後半は撮影条件が厳しくなってきますので、前半が勝負になります。
やっと打ち上げの方向感や露出をつかみかけた頃に煙が・・・という事になります。
いい時に人影が~~~というのもありがち。長岡花火も1日目は風が弱くて条件は良くありませんでした。
風が強すぎても花火の形が崩れてしまいますから、ちょうどよい風が吹くことを祈るしかありません。


c0250153_15581423.jpg


普通なら手を出さないレベルの画像ですが、RAW現像する際に、「ハイライト」「シャドウ」「白レベル」「黒レベル」「明瞭度」を調整したら使えることも。

c0250153_15583990.jpg



3枚目もやってみましたが、全然ダメでした。自然が相手ですから難しいですね。

c0250153_15585755.jpg

ほぼはじめての花火の本を出そうと準備中です。
昨年、「はじめて」の勢いで出そうと原稿も準備していましたが、
さすがに画像が足らず、
今年はリベンジというよりは、書いた方法で大丈夫なのか実証するための撮影をしました。
ほぼ大丈夫そうなので
出せたらまたご案内します★




  




[PR]
# by livingphoto | 2017-08-10 16:01 | LIVING PHOTO
c0250153_11451100.jpg
なりたい自分になれましたか?
劇的に変わる・・・・という奇跡が頻発するのがリビングフォト。
一年間、写真に向き合った生徒を集めた最後の授業。

「まわりの人に写真をほめられるようになって嬉しい」
「短期間でこんなに上手になったんだから、もっと続けたい」
「先生が好きです、はなれたくない」とまあ色々な告白 笑

美しく、美味しく、幸せな時を写した写真は、これから皆さんが接する人たちへのギフトになります。
わたしにとっては素敵な皆さんと出会えたことが何よりの宝物。
皆さんがますます輝くように私も伴走しますね!!!!

c0250153_11460228.jpg

c0250153_11462016.jpg



[PR]
# by livingphoto | 2017-07-22 11:47 | LIVING PHOTO

c0250153_22264991.jpg

青山フラワーマーケット本社にあるHana-KichiでLIVING PHOTO with FLowersを開催。

青フラ王子の井上社長もお越しくださいました。

このフォトセミナーが大好評でリピートのオファーは嬉しい事です。

今回もニコンに特別に協賛していただき私の一番のおすすめ一眼レフD5600+50㎜F1.8も希望者にお貸出ししました。


c0250153_22271438.jpg

実は、今日の大失敗・・・・・が、新しい発見に。
リビングフォトはレースのカーテンが必須なのですが、荷物に入れ忘れました。

「これがないとダメ」とセミナーできっぱり説明しているのに、

パリで準備したあれこれに気をとられてすっかり失念 汗汗



 急きょ『180度展望ラウンジ型ステージ』を思いついて、やってみたら、かなりいい方法でした。


花がふんだんにあって、テーブルが大きい場合に限られるのですが、

位置を少しずつ移動しながら撮ると「サイド光」「半逆光」「逆光」「半逆光」「サイド光」とすべての方向を網羅できます。


しかも『180度展望ラウンジ型ステージ』なら、積極的な人、控えな人も平等に撮れる画期的なシステム!!!!!

失敗は成功の母とはよく言ったものです。
「それ、なに??????」と思った人は、

11月のLIVING PHOTO with FLowersでもやりますので、その時にでも是非 笑


[PR]
# by livingphoto | 2017-07-12 22:27 | ETVENT

LIVING PHOTO AP Amazon Kindle無料ダウンロードキャンペーンを本日スタートしました。


今回も素敵な本が出揃いました。

見ているだけで幸せになれる写真集がたくさんです。

LIVINGPHOTO APのメンバーによる、艶やかな競演。

5冊の写真集がエントリーしています。


無料で手に入るのは実質2日間。


本日 6/1517:00から

6/17(土) 17:00


この機会をお見逃しなく!


☆LIVING PHOTO 6 Hortensia:

Bouquet de Photo (LIVING PHOTO associates)
 今道しげみ

c0250153_19150208.jpg



☆LIVING with FLOWERS 5
 坂井麻利江

c0250153_19152578.jpg

☆PARIS Kawaii Hunter style in paris Kindle
 Kazuko Takasu

c0250153_19153609.jpg

☆Antik Retour 1 For all antique lovers
Reiko Yamada

c0250153_19150951.jpg

☆Full Bloom

Chika Kojima

c0250153_19151786.jpg



[PR]
# by livingphoto | 2017-06-15 19:22
LIVING PHOTO×Bons Momentes!×Sghrの一週間のコラボイベント「Crystal Sweets Photo」の6クラスが無事に終了しました。
ご参加いただいたたくさんの皆様と支えてくれた優秀なスタッフに大感謝です。

c0250153_14255127.jpg


それにしても、今回のちひろ先生のスイーツも凄かったですね!
スペイン王家にしか使う事が許されていなかった幻の「ショコヌスコ」を特別に手に入れたから、
さくらんぼと合わせて「フォレノワール」を作って皆さんに召しあがっていただきたい・・・・・というのが今回の大テーマ★


まぼろしですよ、まぼろし~~~!!!!!

ちひろ先生のスイーツは見た目の美しさだけではなく、
洗練された美味しいさが素晴らしくて
一度食べると、舌の肥えた誰もが虜。


c0250153_14324563.jpg




私はちひろ先生のスイーツをより魅力的に演出するフォトジェニックなテーブルをコーディネートして皆様をおもてなし。

より美しく、楽しく撮影できるように、毎回あの手、この手と色々と
工夫を重ねています。

クリスタルスイーツフォトは、今回で10回目を迎えます。
これだけ準備の大変なコラボイベントを続けて行くにはチームワークの良さだけでなく、
発想力やデザイン力も問われますが、毎回のチャレンジが本当に楽しい!


c0250153_15040592.jpg
「銀座の森」を楽しんでもらえたら幸いです。


c0250153_15050458.jpg

c0250153_15054086.jpg

c0250153_14460668.jpg


終わってぐったりと思いきや、何だか元気 笑 まだまだ行きますよ💕

[PR]
# by livingphoto | 2017-06-10 15:06 | ETVENT
c0250153_10474495.jpg




Aoyama Flower Market


Hana-Kichi
LIVING PHOTO with FLOWERSをニコンにも協賛していただき初開催しました。


青山フラワーマーケットの井上社長がセミナー冒頭に、
私を招聘した理由を語ってくださり、私にとっても20年の時を経て縁が繋がったことを光栄に思いました。

井上氏は毎日のように花に囲まれ、多くのカメラマンと仕事を重ねる中、
このFBのタイムラインにあがる私の花の写真が「心に刺さった」とおっしゃってくださいました。

ブーケやアレンジメントを撮らせたらトップクラスのフォトグラファーでありたいという野望を心に秘めていましたので、
涙が出そうになるほど嬉しいお言葉でした。

c0250153_10593432.jpg


フォトライフのもたらす心の豊かさや、楽しさを拡げるために、料理やポートレート、風景写真・・・・
果てはドローンにまで手を広げていましたが、
花の世界の第一人者から認めてもらえた「印籠」は何よりの励みです。
袋にあるLiving with flowers every dayはフラワーデザイナーとして27年の願いにも重なります。


c0250153_11001365.jpg


フワフワのミモザもすぐに小さくカラカラになってしまいますが、
こうやって写真に残せると何度でも「あ~~~かわいいな~~~💕」というちょっとした幸せな気持ちを反芻することができます。

美しく活けた花が枯れてしまうのが寂しくて写真を始めたようなものです。

c0250153_11313430.jpg


ブログやSNSで多くの人にも同じ気持ちをおすそ分けすることもできます。
そして、また花を身近に置いておきたいとフローリストに行って季節の花を選び、写真を撮る。

この30年近く、こうやってAoyama Flower Market井上社長も提唱する「Living with flowers every day」を実践してきました。

小さな花束を飾るために、いつもより洗面台やキッチンをきれいにしたり、
リビングのテーブルを片づけます。

c0250153_11422776.jpg





自分の居場所を素敵に保つのは本当に大変ですが、花にはいつもの日常を豊かにしてくれるエネルギーがある。

「いつも元気ですよね」とよく言われますが、花のおかげでしょうか。

c0250153_11192976.jpg



LIVING PHOTOもスタートして12年目。節目の年にまた自分の芯の部分にフォーカスを合わせながら進みます。
また次のオファーもいただきましたので、楽しみにしていてください★★★


c0250153_11425611.jpg
c0250153_11432798.jpg



[PR]
# by livingphoto | 2017-03-26 11:44 | ETVENT
このレッスンの募集は、「自分の育てたバラを持参する」という特殊な条件を付けたので、
花業界関係者「限定公開」で行いました。

静岡県三島の市川バラ園の市川さんとは、花市場で一度お話をさせていただいただけでしたので、
申込のリストにお名前をみつけて、びっくり。

ローラン・ボーニッシュ氏など著名なフラワーデザイナーが市川さんのバラをこぞって使うので、
咲き方のニュアンスとボリュームがある目を引くバラの写真には
「市川バラ園」というクレジットを頻繁にみつけることができます。

バラを育てるだけでなく、「メゾン銀座」という市川バラ園直営のバラ専門店までお持ちです。

私も大好きで、
最近出版したKindle「Les Fleurs Noires」の表紙の
一重の白いバラ「オードリー」も市川さんのバラです。

c0250153_10094094.jpg



今回のフォトセミナーでは、来年用カレンダーの候補にしたかったので、
「アンダルシア」を送っていただくようリクエストさせてもらいました。


c0250153_10183216.jpg


今回参加してくださった、バラ生産者の青山さん、國枝さん、市川さんさんは
いずれも、すでにプロが撮影した写真を使った、素敵なホームページをお持ちです。


私自身、写真を撮るすべを知らなかった時代、
毎月のように雑誌の撮影を楽しみにしていましたが、
「待つだけ」の身がもどかしくて、一眼レフカメラを買って、撮り始めました。

今回集まってくださった皆さんも、すでに一眼レフカメラをお持ちで、
備えと、撮る気満々★物凄く熱心に受講してくださいました。

自分で撮る楽しみを少しでも感じてもらえたら幸いです★


ご紹介くださった、世田谷市場の郷古さん、太田市場の山田さん、
そして未来の星、農大生の箕輪くん、そして名古屋のフローリスト アミティーさんに感謝です★

そして、盲腸で残念だった堀木君には、そのうちね!





















[PR]
# by livingphoto | 2017-03-26 10:39 | ETVENT
日本三大バラ王子筆頭格と言えば、
和バラで有名な、滋賀県のローズファームケイジの國枝健一さん。

薔薇王子のためのMEN'S LIVING PHOTOに
和バラのブーケを手に滋賀からお越しくださいました。




c0250153_11361496.jpg



今回ツーショットを撮り忘れたので、
一昨年来てくださった時の写真です。



c0250153_11552136.jpg
感性豊かで、ビジネスセンスも高いバラ王子との会話は
私もたくさんの刺激をもらいます。

c0250153_12100164.jpg



彼は日本だけではなく、グローバルマーケットを視野に入れてこの数年動いています。
私も香港とロンドンのフラワーマーケットで12年も花に携わってきましたが、
「和バラ」は必ずいけると思っています★



日本でのバラの流通にも新しいシステムを導入するらしく、
今注目されているバラの6次産業化。とにかく目が離せないバラ王子です。



感性豊かな彼が「SOLIDなイメージの写真を撮りたい」という要望でしたので、
明るくて、やわらかな和バラにマッチングするか半信半疑でトライしてみたらこの通り。
かなり良い感じ!!!!!!
SOLID=固体 硬い かっこいい というイメージです。



こういうスタイルの写真は数年前はちょっと早いかな・・・・と思っていましたが、
今だからこそ時代のタイミングと合うのだと思います。
ナチュラルな色の美しさには固執しますが、
かっこいいな~~~という感じ方は時代によって少しづつ変化します。





c0250153_11475705.jpg



c0250153_13280463.jpg





ローズファームケイジの新しいバラの圃場が、
秋にオープンします。
今、そこで働く人を募集中です。




京都から電車で30分ほど行った「守山」の駅には
すでにWABARA CAFEがオープンしています。
他には何もないところですが、
自然光が美しく、シンプルでスタイリッシュなカフェは、可愛いものに目がない多くの女性ファンを惹き付けて、
インスタでもブレイク中です。

育てるだけではなく、魅せることも兼ね備えて新しい圃場がオープンすれば
さらに多くの人を引き寄せるでしょう。

私も時期が来たら「LIVING PHOTO 薔薇遠足」を企画しますね★

c0250153_13254297.jpg




[PR]
# by livingphoto | 2017-03-26 09:36 | LIVING PHOTO
滋賀、愛知、静岡。早朝から新幹線で駆けつけてくれた日本を代表する薔薇王子、
花業界の豪華メンバーとリビングフォトセミナー★

泣く子も黙る業界トップクラスのバラの生産者が勢ぞろいです。

c0250153_10565898.jpg

美意識の高いフラワーデザイナーたちがこぞって使いたがり、
雑誌などにも頻繁に紹介されているので、
家庭画報の表紙だったり、ベストフラワーアレンジメントなど、
プロのフォトグラファーによる彼らのバラの美しい写真をよく見かけます。

取材を待っているだけではなく、アレンジをする自分の視点で写真を撮りたいと願っていた
かつての自分の事を思い出し、

きっとバラ王子たちも手塩にかけた我が子のようなバラを自分自身で撮れるようになると
嬉しいに違いないと勝手な思い込みで、このイベントレッスンを企画しました。

それぞれ美しいHPをお持ちなのでリンクをご覧ください。

愛知県のローズマート 青山さんはこのフォトセミナーのために
100本以上のバラを準備してくださいました。

昨年のBouquet de Photoで「香りを楽しむローズブーケ」でもお世話になった生産者さんです。

香りも良く、日がたつにつれて、ふんわりと大きく咲いていく美しい咲き姿のバラにうっとりします。
普通は香りの良さと、日持ちの良さは反比例するのですが、
青山さんのバラは両方を軽々と叶えてくれる稀有なバラです。

買った日をピークに、咲くと残念な気持ちになるバラ、咲かないバラしか知らない人が
ほどんどだと思うのですが、
青山さんのバラは、日ごとに美しく、ふんわりと咲いてきます。
今までになかった感動が味わえて、私自身のバラへの価値観が覆った花です。


c0250153_10590922.jpg

ルージュのバラのほとんどは「高芯剣弁咲」なので、どう転んでも古臭くなって使いにくいのですが、青山さんのルージュリアンはカップ咲で可愛い!!!

c0250153_11103422.jpg



一週間後の青山さんの「オルフィーク」。ラナンキュラスと比べると、その大きさが伝わると思います。
どこで買えるのか・・・・・・こっそり教えます★

c0250153_11190556.jpg
c0250153_11241499.jpg



ローズマートが「初出荷」した「マシュハド」という黄色い花弁で、奥に「赤」を含む独特のバラを花市場関係者が用意してくれました。
私は、外出の際、渋谷の東急東横店の「青山フラワーマーケット」の横を通るのですが、
そこで、この「マシュハド」をみつけました。

「これ、初出荷のローズマートのマシュハドですよね?」と声をかけた店員さんが副店長で、
なんでそんなマニアックな情報を知っているのか・・・と言う話で、
青山フラワーマーケットの東急東横店がローズマートのバラを度々入荷していることを聞きました。

ローズマートに限らず、特にバラのラインナップが素晴らしいので
バラをお探しの方にはおすすめの小売店です。



次は日本三大バラ王子の健一君★









[PR]
# by livingphoto | 2017-03-18 11:51 | ETVENT
2月のBouquet de Photoはスイートピーのブーケです。

c0250153_10555015.jpg

感覚だけで花を選ぶので
リサーチが追い付かなくて先生である私が授業中に生徒から教えてもらう事もたくさんあります。

c0250153_10562342.jpg

「このスイートピーって、確か、三姉妹だったはず」とアミティーさん。

スイートピーの生産額日本一宮崎のホープ

式部(紫のバイカラー)
紅式部 (くれないしきぶ)

そして、今回のブーケには使っていませんが、

恋式部 (ピンクと白のバイカラー)


Bouquet de Photoには、フラワーアレンジメントは初めて・・・・とおっしゃる方もたくさんいますが、
LIVING PHOTOはどこよりも花のプロが潜んでいるクラスではないかと思っています。
お花屋さん、フラワーデザイナー、花市場で流通の仕事に携わる人、そして生産者。

カメラを通して花を愛する者同志、楽しい時間を過ごせるのが幸せです!




[PR]
# by livingphoto | 2017-02-11 10:56 | Bouquet de Photo

c0250153_10212944.jpg


LIVING PHOTO通信に登録の皆様にご案内した、

3月スタートのLIVING PHOTO BASIC Premiumですが、即時満席になりました。

ありがとうございます。


ショートノーティスでしたが、待っていてくださった多くの皆様に感謝です。

新浦安、安曇野のLIVING PHOTO BASICの春のクラスのご案内も

こちらの募集サイトの後ろに一覧を掲載しています。

自由が丘、立川(本庄)のフォトサロンも近日中に募集をご案内予定です。




LIVING PHOTO Intermediate,Food Photography、Bouquet de Photoなど上級クラスの募集だけでなく、

フォト・イベントも沢山企画しています。

準備が整い次第LIVING PHOTO通信でお知らせいたしますので引き続きよろしくお願いいたします。



[PR]
# by livingphoto | 2017-01-26 10:22
c0250153_10021763.jpg

「大切なものを手放す勇気」

本気で成長したければ、一番大切で、一番楽なものを手放せ!
と乱暴な進言を私にした人がいて、それも一理あるなと。



LIVING PHOTO BASICの私が担当するセミナー募集を半分に絞ることにしました★★★



規模を縮小するのではありません。むしろ増強です。
信頼できるLIVING PHOTO公認インストラクターたちへのバトンタッチです。



LIVING PHOTO BASICというプログラムをはじめて12年目になります。

心血を注ぎながら続けてきて、私ひとりで、多い年には一年でBASICだけで100セミナー以上、
150名ほどの修了者を輩出しました。

今はBASIC以外のバリエーションがあるので、年間200セミナーをこなし、
馬車馬のごとく走り続けていることには変わりありません。

昨年、体調を崩した時に「大切なものを手放す勇気」について真剣に考え「減量」計画を決めました。
決めたとたんに、何故だか多方面からのおもしろそうなオファーが続きました。

結局また懲りずに「太る」予感ですが、とりあえずやってみようと思います★

LIVING PHOTO BASIC 3月スタート新規募集の案内は、
公認インストラクターのご紹介も含めて近日中に
でリリース予定です。

ご希望の方は登録してください★





[PR]
# by livingphoto | 2017-01-12 10:03 | レッスンスケジュール
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

c0250153_17530679.jpg

幸せと感謝と希望を繋ぐLIVING PHOTO


私は家族をはじめ、
身近にいて支えてくれる人に恵まれ、
その「強い絆」がエネルギーとなり、
そこから生まれる安心感が幸福の源となっていますが、
見落としてならないのが「緩やかな絆」です。


昨年はこのエキサイトブログの「プラチナブロガー」になったことでPV数が伸び、
日常的に更新しているFacebookでは約4000人の「友達」と「フォロワー」、
海外の人との接点も感じられるInstagramでは約1500フォロワー、
アテニア化粧品のカレンダーが200.000部も発行されました。

多くの皆さんに私の写真を見てもらえたと思うと
嬉しいような、恥ずかしいような
気持ちになるのですが、
日々の励みになっていることは確かです。

SNSでの発信は、商業的な側面も持っていますが、
この「緩やかな絆」こそが
私に生きる希望を与え続けてくれています。


多くの人とのつながりがなければ
こんなにたくさんのシャッターを切ることもなかったでしょうし、
粛々と「伝える」仕事を、こんなに長く続けてこれなかったと思います。


今年も感謝の気持ちを込めて、


たくさんの美しい写真を撮って
たくさんの素敵な皆さんに
たくさんの希望をお届けしたいなと思っています。


幸せと感謝を伝えるLIVING PHOTOに
「希望」を繋ぎます。


2017年も、どうぞよろしくお願いいたします!!!!!

LIVING PHOTO
今道 しげみ


















[PR]
# by livingphoto | 2017-01-02 18:01 | LIVING PHOTO

I wish you a Merry Christmas!!!

I wish you a Merry Christmas!!!!!!


c0250153_13000311.jpg

[PR]
# by livingphoto | 2016-12-25 13:00 | LIVING PHOTO
c0250153_22194412.jpg


Amazon 電子書籍 
Kindle 無料ダウンロードキャンペーンのお知らせ★
来週12月20日(火)17:00
から3日間 LIVING PHOTO APから出版する7冊の本を無料にてお届けする予定です!!!!!

今日から毎日1冊づつ紹介しますね★
まずは、私から。

今道しげみ

ほぼ毎回Amazon Kindleダウンロード ベストセラーになるほど多くの皆様にダウンロードしていただいていますが、
クーポン付きの任天堂は別として、地味なモノクロで、夏目先生と、突如出現する「エロ本」に勝てるか心配 笑

なか見検索で7ページまで無料でご覧いただけます。
 
どうぞよろしくお願いいたします★★★

c0250153_22200806.jpg

[PR]
# by livingphoto | 2016-12-14 22:22 | ETVENT


c0250153_17104809.jpg

シリアルナンバー 253/300
ギリギリ間に合いました!すでに完売★
売り切れたって聞くと、
うふふふ~~~うらやましいでしょ~~~~


代官山で「文具を撮るためのLIVING PHOTO BASIC」のコラボレッスンをしているアナウンサー堤信子さんプロデュースの万年筆です。

今日届いたJALカードの会報誌AGORAにも大きく掲載されています。



思いを綴り実らせるラッキーアイテム。
夫からの一足早いクリスマスプレゼントです。


この万年筆の到着を待って、「大好きでした」という内容のラブレター?を便せん7枚にしたためています!!!

のんちゃんプロデュースの万年筆RECOLTは、金色の麦とホップのデザイン、ビールの泡を思わせる品の良いラメ。

ブラウンのインクもセットになっています。

デザインも素晴らしいのですが、しばらく書かなくても、

スムーズにインクが出る最新技術も搭載されているのだそうです。


中学の社会科の松村先生83歳へのお礼状を書いています
わたし、かなりの「問題児」でしたから 汗



[PR]
# by livingphoto | 2016-12-04 17:12 | LIVING PHOTO
c0250153_18082771.jpg


12月のフォトセミナーに設定したKey Wordはたくさんあります。
そのひとつのテーマは「玉ボケ Unfocused lights」。

この時期になると生徒の皆さんから、
イルミネーションの撮り方を必ず聞かれるので、テキストも用意しています。

そのために準備したと言っても良いのが2メートルの生のクリスマスツリー★★★

フェイクだと安っぽく見えるので、「生」です!!!

そうしてもう一つ忘れちゃいけないのは、干支のBird!!!!

c0250153_18014630.jpg


[PR]
# by livingphoto | 2016-12-03 18:02 | LIVING PHOTO


c0250153_12155516.jpg

来年のニコンカレッジの申込みがスタートしました。


2017年3月4日(土)
10:00~13:00 リビングフォト・クレール
14:00~17:00 リビングフォト・ダークシック

@東京・芝公園某スタジオ予定

「上質を知る紳士&淑女」の皆様に喜んでいただけるよう
頑張ります!!!!


そうですよ、男性の参加も受け付けてます!!!!

お申し込みはニコンカレッジ公式HPよりお願いいたします。


お申し込みは本日2016年12月1日よりスタートいたします。

お申込み多数の場合は抽選となります。

(キャンセル待ちによる受付も直前まで行っています」


そして、その前日3月3日(金)には


「はじめての&おさらいリビングフォト」も予定しています。

(募集はお申込み専用サイトで1月に予定しています。)


[PR]
# by livingphoto | 2016-12-01 12:18 | レッスンスケジュール

芸術の秋

c0250153_10555324.jpg



花の写真で「ナチュラルな色彩表現」ができることは、
画家が絵画の基本的な習熟の手続きとして行う「デッサン」に近いと思う。

これが確実にできるようになって初めて具象的な芸術表現が許されるとしたら。
誰にでも表現できるように方法を「伝える」ミッションと、
自分にしかできない表現を確立することとの間にはいつも矛盾が生じます。


「伝える」ことはやめないけれど、
いつかArtistと敬意を持ってあつかわれる人になる事への憧れを心に秘めならが
毎日シャッターを切る。

[PR]
# by livingphoto | 2016-11-27 10:56 | ライフスタイル
昨日Nikon新しい一眼レフカメラ D5600が発売になりました。

特筆すべきはNikonのフラッグシップ機D5とD500と同じくSnap Bridge
が搭載されていることです。

カメラとスマートフォン/タブレット端末がシームレスに常時接続されて、
FBやインスタグラムにアップする障壁がまた一段低くなりました。


生徒の皆さんにカメラから画像の取り込み方法を直接聞いてみると、
カメラにWi-Fiで転送する機能がついていない人も、Flash AirなどのSDカードを使用している人が半数以上。

「SnapBridge」は、Bluetooth® low energyテクノロジーによって、
消費電力を抑えながらカメラとスマートデバイスのシームレスな接続を実現しています。

「送る」手間を省けるので、一眼レフで撮影した画像を気軽にシェアできるのが魅力です。

世界的に権威のある写真・映像関連の賞「TIPA AWARDS 2016」を受賞している注目のアプリです。


D5600のもう一つの魅力は何といっても、小型軽量化!!!!
高性能のままサイズが一回り小さくなってお出かけには本当にうれしい。


先週、D5600を使って、
京都で紅葉を撮影しました。

LIVING PHOTO生に今一番おすすめのカメラです。

c0250153_10521600.jpg


[PR]
# by livingphoto | 2016-11-26 10:55 | LIVING PHOTO
c0250153_16523697.jpg





いつかは自分の写真集を出してみたい・・・・
そう思ったことはありませんか?

私自身、かつてそういう願いと野望を密かに抱きながら写真を始めたひとりです。
いつか、どこかの出版社から「本を出しませんか?」と声がかかったらいいのにな~と。

一眼レフを買って自分のフラワーデザインの写真を撮りはじめ、
ポストカードにして生徒に配り、
ブログに写真を載せて2年目に出版社から声がかかりました。
当初の野望とは違って「写真の撮り方」の本でしたが、
フラワーデザイナーとしてスタートして実に17年もかかりました。

紙の本の出版事情はますます厳しくなってきていますが、
AmazonのKindleという「電子書籍」の出現により、
出版したいという意志さえあれば、必ず夢を現実化できるようになりました。
今だからこそできる、そんな恵まれた手段を使わない手はありません。

リビングフォトでは、出版の願いを叶える
というプログラムを提供しています。

12月1日(木)Dreamy Photo Book
セミプライベートレッスンを開催いたします。
ご希望の方はメール、またはFBのメッセンジャーにてご連絡ください。

sdsylvie@yahoo.co.jp

各クラス 各1~2名 
(予約がお一人の場合は1時間半のセッションとなります)
10:00~12:00
13:00~15:00
15:00~17:00

参加費 2.1600円(消費税込み)

講師 今道しげみ

持ち物  写真データ 30~50枚
     サムネイルまたはポストカードプリント  
     PC
     仮タイトル
   
★特典 12月21日からの無料ダウンロードに参加される方はLIVING PHOTO AP登録料5.400円と審査を免除

★12月1日以外の日程をご希望の方は個々にお問合せ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電子書籍の出版のノウハウについては、アトリエリブラの高橋貴子先生に
強力にサポートしてもらっています。
Dreamy Photo Bookで編集した写真データを持って参加すると
その日のうちに出版可能です!!!!!

12月5日 大阪

12月8日 横浜



に電子書籍セミナーが開催されます。

是非!!!!!!










[PR]
# by livingphoto | 2016-11-08 16:53 | LIVING PHOTO
c0250153_17540750.jpg




法政大学 キャリアデザイン学部 五月女先生のキャリア体験学習で、授業を担当させていただきました。
田中研之輔准教授をはじめ「教育」への情熱的な思いを持つ教師に出会えた彼らは
とても幸せだなと羨ましい。

ニコンから20台の一眼レフ D5500を貸し出してもらい、実習もしました。



いつもの「ブーケ」を撮る方法だけではなく、
撮影という一種のコミュニケーションで、学生同士の距離感を縮めたいという学生からの要望もあり
ポートレート撮影を指導。

c0250153_17543935.jpg

「今の君たちの最高の笑顔を未来に残したい」と

カメラの設定に始まり、
この授業のために、直径1メートルの新しいレフ板も5枚準備して
光の使い方を伝えました。

今までカメラに関心がなかったけれど
興味が湧いてきたというメッセージもたくさんもらって
少しは役に立てたかな。


c0250153_17545707.jpg
いつもは、一緒に撮るなんていやだ~~~と同学年の息子に逃げられてばかりですが、
男子学生に「一緒に撮ってください」と言われて、ウルっときちゃいました 笑


c0250153_17532126.jpg

熱心に準備を進めてくれた
加藤さん、椿さん、山下君

授業中の撮影をしてくれたリビングフォト生の直子さん

ありがとうございました!!!!

c0250153_17534407.jpg









[PR]
# by livingphoto | 2016-10-29 00:25 | LIVING PHOTO
c0250153_17522078.jpg






法政大学のキャリアデザイン学部のキャリア体験学習に招聘していただき、
「キャリア」の話と、「リビングフォト・ポートレート」の撮り方の講義と実習をしました。

大学での授業は今回3年目となります。
こんなに可愛らしい女子大生からのオファーです!!!!

c0250153_17534407.jpg

いつもはリビングフォトの「フォト・テクニック」を伝えるセミナーが中心ですが、
この授業では、私の歩んできたキャリアについても講義も。

「キャリアデザイン」を専門に学ぶ大学二年生が対象という事で、
私自身のフィルターを通して何を伝えればよいのかを真剣に考えるのと同時に、
どういうキャリアを歩んできたのかについて改めて自分自身に向き合う良い機会になっています。


c0250153_17530468.jpg

私が20歳の時に、40歳を過ぎてフォトグラファーになっているなんて
微塵も予想していませんでした。
未来は本当に面白いものです。

小学5年生の頃に、田中角栄の「日本列島改造論」と「厚生白書」に興味を持ちながら、
2000年の自分がどうしているのか、具体的にイメージした作文が実家に残されています。
「男の子の子供が二人いて、お母さんになっている」
「なりたい職業はスチュワーデス、お花屋さん、お医者さん」
「東京にお嫁に行く」
「外国で暮らす」

後に、中学生のころ、何の根拠もなく
「40を過ぎて画家になっているわたし」と予言までしていました。

そして、高校生の頃に
「将来は医者と結婚するわ」とジャーナリスト志望だったボーフレンドに公言して唖然とさせたことも 汗

だんだん「勘」が鈍ってきている感がありますが、
ほぼイメージ通りに生きている自分がそら恐ろしいです 笑

私が「予言者」だという特殊能力の自慢ではなく・・・・

「家政学部児童学科」で子供について専門的に学び、
産院、保育園、幼稚園などで実習をしながら、
20歳のころにはすでに
「結婚・妊娠・出産・育児」を軸にしながら年齢を逆算して
25歳をひとつの区切りに考えて
人生計画を立てていたという話をしました。

寿命が延びたり、女性の高学歴が当たり前になり、
仕事を続ける事が求められる時代ですが、
医療技術が進んだからと言って
生物学的な出産適齢期は今も昔も変わらないと考えた方が安全です。

将来、子供のいる家庭を望むなら、
出産が遅くなればなるほど色々なリスクが高まることを認識するべきだと思います。
「だれも教えてくれなかったから、てっきり40歳過ぎぐらいまでは産めるんだと、後回しにしていました。」
という無知だけは避けて欲しい。

逆算して結婚前に働くのは3年と決めてい選んだCAという職業でしたが、
自分の適性も高く、華やかさゆえに断腸の思いで寿退社しました。

やるときにはとことんやらなくては気が済まない性格もあり、
命を預けるほどの強い思いで24時間体制で働いた経験から、
子育てしながら「組織」で仕事をするのは自分には向かないと見極めることも
できたと思っています。

今では、女性の働く環境も変わってきていて
色々な選択ができると思いますが、
「出産・子育て」でキャリアの積み重ねが一旦解消されても、
また次のステージに生かされることは間違えありません。

バブルに惑わされずにCAを辞めたり、
夫の2度の海外転勤に伴いフラワーデザインの仕事を「起業」「廃業」「起業」「廃業」そして「起業」と
今では考えられないほどのエネルギーをつぎ込んで数度繰り返しましたが
「家族」を最優先にしながら仕事のボリュームをコントロールしてきたことは
今の幸せにつながっていると信じています。

専業主婦だった母や妹に、なんでそんなに仕事がしたいのか?とよく問われました。
社会的な評価と経済的な自由が欲しかったのですが、
一貫して自分が自分らしくいるための「自己実現」のために
続けてこれたこと自体が恵まれていると感じています。


大学の授業では
「軸になっているもの」
「自分のキャリアを計画的に進めてよかったこと」
「婚活」
「母親業と仕事の両立」について話しました。

40歳を過ぎてからフォトグラファーとして再チャレンジできたのも、
子育てを早めにスタートしたからこそです。

これがあと5年遅かったら、自分の「体力」が大きなネックになっていたと思います。


50歳を過ぎた最近は、
体力と気力だけでは続けていけないから
もっと賢く走らなければならないと自戒の日々ですが、
人生には頑張ったことへのご褒美だってちゃんと用意されています。

もちろん、いろいろな葛藤もありますが
幸せを感じながら日々生かされていることに、
心から感謝です★


c0250153_17535504.jpg


































[PR]
# by livingphoto | 2016-10-28 23:53 | LIVING PHOTO

フォトグラファー今道しげみの楽しく幸せなフォトライフ


by 今道しげみ