LIVING PHOTO at 立教大学★(1)

c0250153_2133990.jpg



LIVING PHOTOも色々な人にアプローチしてみたいな・・・と
考えていた矢先、大学のゼミで教えてみませんか?
という嬉しいお誘い。


立教大学社会学部の田中研之輔先生のゼミ生対象に
LIVING PHOTOのセミナーをしました。


c0250153_2191123.jpg



息子と同級生ぐらいの年齢とは言え、
どんな学生に教える事になるのか気になって、
新歓コンパを少しだけ覗いてみると、
二人の女子生徒以外は、当然一眼レフなんて持っていないし、
触ったこともなさそうな学生ばかり。

長年の経験からLIVING PHOTOのコンテンツは女子受け間違えないのだけれど、
男子がね・・・・・と悩んだ末、
男の子はメカを手にするだけで喜ぶはず・・・と

翌日東京ビックサイトのフォトネクストでニコンの王子チャールズ(笑)に相談すると
その場で最新のフルサイズカメラD610を20台即手配してくれました。


彼らの将来のファースト一眼はこれでニコン間違え無しです!!!

そしたら、ニコンカレッジでフォローアップもしてあげられます♥


c0250153_21225280.jpg




NHKの課外授業ようこそ先輩・・・みたいな感じで、
1時間のセミナーの後、30分の撮影実習。


c0250153_22234528.jpg



頑張って9つのスタイリングを準備しました★
私の撮ったのをブログにUPするから見てね!と学生と約束したので
解説しながら全部のせます。


1枚目の黒バックの系統のブーケは、
ダークシック系なので露出補正をマイナス補正にするのがポイント。
右上の小さな花にピントを合わせて
田中先生のスクールバスの写真と同じ構図になっています。


2枚目のひまわりのブーケ
私は50mmF1.8というレンズでF2.8で撮影していますので
後ろの緑がしっかりボケています。
みんなのレンズはF4.5なので、ここまでボケてないと思います。。。。残念!

50mmF1.4またはF1.8は業界では「標準レンズ」と呼ばれていますので
必ず買いましょう!


3枚目の田中先生・・・省略(笑)



下のマリーゴールドのブーケはわざと下に余白をしっかり入れた構図にしています。
後ろにラインが入ってしまうので、水平を意識しました。
+補正です。

c0250153_21383799.jpg




次の黄色いブーケも、光の方向が「逆光」だからこそ
花瓶が光って映るので、下の方からのアングルで撮っています。
私の得意なパターンの一つです★
ジャムの空き瓶と、パセリ1本?でもできるのでやってみてください。


c0250153_21415698.jpg




これは窓枠が高くてカーテンの白を背景にできなかったので
透明感が出ていない分、露出補正をプラスにして明るさを強調してみました。

c0250153_21431939.jpg



これもダークシック。
今回、この露出を決めるのが一番難しく、かなり沢山撮影してやっと撮れました。
粘りも必要です。


c0250153_21434026.jpg



次はサイド光コーナー
光を通さない被写体は横から光を当てて立体感を出します。
可愛いカップケーキですが、わざと影を濃くしてコントラスををつけたシックな仕上げに。


c0250153_21573335.jpg



カメラで撮れるようになってくると
「スタイリングを学びたい」ともれなく言い出します。
主役の一番きれいだと感じる色を選んで、
グラデーションで同じ色重ねるつもりで背景、お皿を選びます。

c0250153_222208.jpg




9つ目のスタイリング。
マイナス補正で少々暗めでかっこよく。



c0250153_22231724.jpg




次回は授業風景とポートレート


to be continued・・・・・
[PR]
by livingphoto | 2014-07-16 22:31 | LIVING PHOTO

フォトグラファー今道しげみの楽しく幸せなフォトライフ


by 今道しげみ